ポケモン

「シールド攻略日記」第二十六話 本当の歴史?シーソーコンビの目的

皆さんこんばんは、蜜柑です。

シールド攻略日記第二十六話。

前回のあらすじ

バウタウンスタジアムとエンジンスタジアムでダイマックスポケモンを暴れさせたシーソーコンビ。

ミカンたちは、なんとかダイマックスポケモンを鎮めることに成功するもシーソーコンビは、ポケモン研究所を襲撃した。

ホップとタッグを組みダブルバトルでシーソーコンビを倒すも、研究所の助手が保管していた大量のねがいぼしをシーソーコンビに渡してしまう。

研究所の助手はシーソーコンビが差し向けたスパイだった。

大量のねがいぼしを手に入れたシーソーコンビは、同時に4か所ものスタジアムで暗躍を始めるのだった。

「シールド攻略日記」第二十五話 シーソーコンビの罠 狙われたポケモン研究所皆さんこんばんは、蜜柑です。 前回のあらすじ 朽ちた剣と朽ちた盾をまどろみの森へ返しに来たミカンとホップ。 目標を失い迷うホップの...

「シールド攻略日記」第二十六話 本当の歴史?シーソーコンビの目的

スポンサーリンク

巡って巡ってジム回り

まずはラテラルタウンジムへ。

久しぶりオニオン君。大丈夫?

オニオン「・・・・お客さんはみんな避難しました」

オニオン「・・・・ジムリーダーとして・・・・ダイマックスに挑みます」

オニオン君の話では、暴れてるポケモンは一匹ではないらしい。

一人一匹か。いくぞ!

ヨノワールか。

今回はいつものレギュラーメンバーじゃないぜ。

頼むぞタチフサグマ!

終わったよオニオン君。あとは大丈夫?

オニオン「・・・・あ、あとは・・・ぼくがんばります」

分かった。次のジムへ向かうね。

アラベスクタウンへ。

自分の生き方

ビート君。久しぶり。

ホップ「ビート!ダイマックスは!?」

ビート「ぼくが苦戦するとでも?」

ホップ「相変わらずだな・・・心配してきたんたぞ!」

まぁまぁホップ。ビート君はこんな感じだから。

ネズ「めんどうなジムリーダーです」

ビート「オリーヴさんにだまされていいように使われていたぼく・・・」

まぁ、前向きになったのはいいことだよ。

さて、ここは大丈夫みたいだから次のジムへ・・・・。

はい?

さすがの僕もそう思うぞ。

ポプラさん!

ってゆうかホップ。クイズ全問正解だったの?すごいね・・・いろんな意味で。

ポプラ「あんたらに時間をプレゼントしたようなもんさ」

ポプラ「もっともあたしはめちゃくちゃ影響を与えてやったけどね!」

ハハハハハ・・・・。

分かったよ。意味不明に強引なところは変わって無いなぁ。

ビート「ちょっとだけ見せてあげますよ!」

VSビート

なんでこんなことに・・・・。

まぁいい。フェアリー対策はしている。

頼むぞアーマアガア!

ジムリーダーとしての毎日より、チャンピオンとしての毎日のほうがハードだよきっと。

そんなことはないよ・・・・。

(ダンデさんとのチャンピオンマッチでもアイテムだよりだったしな)

やってみろ!アーマアガア!「はがねのつばさ」!!

イマイチ表情とセリフがあってないような・・・。

満足のいくバトルにならなかったかな・・・?

ビート君の手持ちと対策

  レベル タイプ 弱点になるタイプ
クチート 61 はがね・フェアリー ほのお じめん
サーナイト 61 エスパー・フェアリー どく ゴースト はがね
ギャロップ(ガラルのすがた) 62 エスパー・フェアリー どく ゴースト はがね
ブリムオン 63 エスパー・フェアリー どく ゴースト はがね

前回と同じように、クチートにはほのおかじめん。他のポケモンはがねタイプがいると有利に戦えます。

今回は、スタジアムの外なのでダイマックスが使えません。

 

ビート「ありがとうございます」

お?

 ビート「あなたをチャンピオンとようやく認められますよ」

すっかりジムリーダーだね。

がんばって。

前から聞こうと思ってたんですが・・・ピンクがたっぷりってどうゆうことですか?

ビート君は強いよ。実力でも、精神面でもね。

さぁ、次のジムへ急ごう。

キルクスタウンとナックルシティへ

助けにきましたメロンさん!

ここでも、一度に4体ものダイマックスポケモンが暴れている。

シーソーコンビめ・・・・。

了解です。

やっぱりこおりタイプのユキメノコか。

エースバーン。ダイマックスだ!

無事、終わりました。

ホップ「一人でダイマックスポケモン相手にするのはやっぱ大変だぞ!」

メロン「アッハハ!ミカンはもちろんだけどさ」

ホップ「へ?」

ホントだ!ホップ顔が緩んでるぞ。

ホップ「も、もう!うるさいよネズさん!」

はい。また顔を出しますね。

さて、次が最後のジムだ。

キバナ「スタジアムが限界寸前だ!ダイマックスしたポケモンがよ何匹も暴れまわってるんだ!」

いろいろありまして・・・とにかくポケモンたちを鎮めましょう。

キバナ「特にネズ!お前とのトーナメントの準決勝戦」

ネズ「今回は仲間として手助けしますがね」

やっぱあの試合。ネズさんはダイマックスなしでキバナさんと互角に渡り合ったのか・・・・。

さて、ここは恐らくドラゴンタイプ、何が出てくるか・・・。

オノノクスはもう嫌だーーーー!!

頼むブリムオン!!

キバナ「お前ら最高だよなたすかったぜ!」

頼りにしてます。キバナさん。

これで騒ぎが起こったすべてのジムを回ったけど、シーソーコンビはどこだ?

あいつらを捕まえないとまた同じことが。

ピピピピ・・・・・。

おっと、ソニアさんかな。

ソニア「あっミカン?わたし、わたし!ソニアよ!」

ソニア「シーソーコンビが入っていったナックルスタジアム、エネルギープラントへの扉!扉のロック解除できそう!もうすぐ中に入れるよ!」

ネズ「ナックルスタジアム。ちょうどここです。そういやさっきいましたね」

すごいぞワンパチ 

ソニアさん。シーソーコンビは?

えっ?あっ、ハイ・・・。

・・・・。

えーっとあーとがんばってください。

おっ?ワンパチ?

ヌビリビリビリ!!

おお!すごいぞワンパチ!

ソニア「さっすがワンパチ!お手柄だよー!」

ソニア「シーソーコンビは奥にいる・・・気を付けて行きましょう!」

はい!

本当の歴史

見つけたぞシルディ!

シルディ「扉のロックも破られ、各地のスタジアムの騒ぎも解決されたようですね」

な、なんだ・・・?この人たち・・・?

ネズ「なんですかこいつらは、気味がわるいですね」

ホップ「どうしてポケモンを勝手にダイマックスさせんだよ!」

ホップ「ザシアンとザマゼンタはガラル地方を救ったんだぞ!」

シルディ「今までワレラが英雄の血族として、たたえられていたのに・・・キサマらがムゲンダイナからガラルを救い・・・そこの娘が本など書いたせいで!!」

シルディ「ではワレらはなんなのだ?ご先祖様がウソつきだと?」

シルディ「ぽっとでの英雄などすべて戯言!」

ソニア「わたしの考えでは、ザシアンとザマゼンタは」

シルディ「では!!どちらが正しいか試すとしましょうか」

シルディ「真の英雄ならばガラル粒子を強引に」

ネズ「なるほど・・・今回のダイマックス騒ぎはそのための実験だったと」

ホップ「させないぞ!」

シルディ「ノンノン。リフトで上に上がりたければ」

・・・・そうさせてもらおう。

VSシルディ

同じポケモンで勝てるわけねぇだろ!

シルディ(ソッド)の手持ちと対策

  レベル タイプ 弱点になるタイプ
ネギガナイト 64 かくとう ひこう エスパー フェアリー
ドータクン 64 はがね・エスパー

ほのお じめん

ゴースト あく

ギギギアル 64 はがね ほのお かくとう じめん
タイレーツ 64 かくとう ひこう エスパー フェアリー

ソッド

  レベル タイプ 弱点になるタイプ
ネギガナイト 64 かくとう ひこう エスパー フェアリー
グソクムシャ 64 むし・みず ひこう いわ でんき
ニダンギル 64 はがね・ゴースト ほのお ゴースト じめん あく
キリキザン 64 あく・はがね かくとう(4倍)ほのお じめん

上に急げ!

よし、上に急ごう・・・・。

ソニア「今の声は!?」

シルディ「あぁ兄者よ、間に合ったのですね」

ネズ「あがりますか」

行きましょう。

つづく。

 

というわけで今回はここまで。

ビート君にも困ったものですが・・・まぁ彼が満足ならそれでよいでしょう。

自分の実力に自信がなくなっているホップですが、ホップの実力を疑っているのはホップだけなんですよね。

ジムリーダーが、頼りにしているなんて言ってるんだから、はっきりとした実力があるのに、周りが強すぎた・・・・。

まぁ、それも次回で決着がつきます。

ミカンとホップ。ザマゼンタとザシアン。

それぞれの未来はどうなるのか?

つづく・・・・。

次回 まとめ

「シールド攻略日記」最終話 ガラルの英雄たち皆さんこんばんは、蜜柑です。 シールド攻略日記いよいよ最終話です。 前回のあらすじ 各地のスタジアムで暴れるダイマックスポケモンを...
「ポケモン剣盾攻略日記」まとめ ライバルと目指すチャンピオンへの旅ポケットモンスターソード・シールドの攻略日記です。 チャンピオンを目指して旅をする主人公とライバルの冒険の記録。...

スポンサーリンク