ポケモン

「シールド攻略日記」第六話 レイジングウェイブ・ルリナ!バウタウンの戦い

皆さんこんばんは、蜜柑です。

前回はターフタウンジムでヤローに勝利しくさバッジを入手しました。

今回は、2番目のジムバウタウンのルリナに挑みたいと思います。

前回

「シールド攻略日記」第五話 ターフタウンジム・ヤロー!ファイティングファーマー!!ポケットモンスターシールドの攻略日記です。 初めてのジム戦です。 ダイマックスバトルを制したのは果たしてどちらか!...

「シールド攻略日記」第六話 レイジングウェイブ・ルリナ!バウタウンの戦い

スポンサーリンク

 

プライベート委員長

さて、無事にバウタウンに到着しました。

ポケモンセンターによろうかな~と思ってたら何やら人だかりが。

なんだろう?

ローズ委員長!?

ちょっとまってなにその恰好!?

お、お腹もすごい出てない・・・?

でもすごい人気・・・やっぱすごい人なんだろうな。

あっ、ビート君もいる。目を合わせないようにしとこう。

ぷっ。(忘れられてやんの)

こんにちは委員長。覚えててくださって光栄です!←ここ重要

ありがとーございます。

そらとぶタクシーといい委員長は太っ腹ですねぇ。

・・・太っ腹?まさかね。

 

灯台を守ったポケモン

委員長がバッジを取ったらお祝いしてくれるというので、早速バウタウンジムに向かいます。

しかし、なんとジムリーダーが不在。みずタイプのジムリーダー不在率高くね?

仕方ないので灯台を見に行きました。

灯台にはかつて灯台を守ったと伝わるポケモンの石像がありました。

伝説のポケモンでしょうか?なんでこの灯台を守ったんでしょうね。

いつか出会うこともあるのかな・・・。

おや、あそこにいるのは・・・?

やっぱりジムリーダーのルリナさんだ。開会式でみたっけ。

なぜ、ジムチャレンジャーだと分かったんですか?

ええ!?そうなんだ~いや~なんか照れちゃうなぁ~。

ルリナ「さあ、バウスタジアムにおいでよ」

「大好きな釣りよりも、大好きなポケモン勝負をしたいもの!」

バウタウンジムのジムミッションを突破せよ

というわけで、バウタウンジムにジムチャレンジを挑みました。

バウタウンジムのジムミッションは、天井から流れ落ちてくる水を止めてゴールまで進むミッションです。

スイッチを押すと同じ色の床の上の土管の水流が停まる仕組みになっているので、

ここを止めたらあっちが出るから~といった感じでボタンを押していけばゴールできると思います。

余談ですが、カムカメがカジリガメに進化しました。強そうだ。

道中のジムトレーナーとバトルをしながらパズルを解き、無事ジムチャレンジをクリアしました。

VSルリナ

熱気渦巻くスタジアム。

このジムでもスタジアムは満員です。ほんとに大人気なんだな。

いえ、たまたますぐ発見できたので。

ルリナ「あなた・・・ポケモントレーナーとして冴えた頭脳の持ち主なのね」

いやぁ、それほどでもジムミッションも簡単だったので。

ルリナ「その冴えた頭脳でどんな作戦を繰り出そうとも」

とも?

ルリナ「わたしと自慢のパートナーがすべて流し去ってあげるから!」

ジムリーダーのルリナはトサキントを繰り出した!

トサキントか・・・頼むぞワタシラガ!!

はっぱカッターだ!

よっしゃ、トサキント撃破!

でも、ワタシラガも半分ぐらいダメージを受けてしまった。

交代するか・・・?

ルリナはサシカマスを繰り出した。

サシカマス?新ポケモンか?ワンパチに交代だ。

サシカマスも無事撃破!

サシカマスってウッウがくわえていたポケモンだね。

よっしゃ、最後の1体・・・

ルリナはカジリガメを繰り出そうとしている。

カジリガメか・・・たしかみず・いわタイプ。

このままワンパチで・・・いや、ワタシラガの方がくさタイプだからダメージを出せそう。

(みず・いわともにくさタイプで効果抜群)

でもワタシラガはダメージを受けている・・・・。

おお!?ワタシラガが少し回復している?

そうか、ワタシラガは特性が「さいせいりょく」だから手持ちにもどすと少し回復するんだ!

よし、頼むぞワタシラガ!!

こちらもダイマックスだ!!

カジリガメのダイアーク!!

痛い!けどまだまだ。

ダイソウゲンだ!!

硬っ!!

嘘だろう!?ええぃこのまま戦うしかない!

カジリガメのダイアタック!

あがーーーーーーーああああ。まだまだ!!

ダイソウゲン!!

やったー勝ったぞおおおおおお!!!!

ルリナ「ふぅ、手合わせして分かりました」

「あなたたちチームにはジムチャレンジで勝ち進み、チャンピオンに挑みたるスピリットがあると」

みずバッジゲットだぜ!!

ルリナ攻略

トサキント みず くさ でんき
サシカマス みず くさ でんき
カジリガメ みず・いわ くさ(4倍)でんき かくとう じめん

ルリナの手持ちはみずタイプのポケモンです。

でんきタイプやくさタイプで挑みたいですね。

特にくさタイプはみずタイプの技を半減できるので、でんきタイプで勝てない場合は手持ちに入れておくことを考えてみてください。

レベルは22~25ぐらいまで育てておきたいところ。

相性のいい相手なら多少低くても勝てますので、頑張ってください。

委員長のおごりです

ジムを出ると委員長の秘書のオリーブさんが出迎えてくれました。

まぁ、言うだけ言ってとっとと行っちゃいましたが。

あれ?ソニアさんもいる。

委員長はソニアさんも招待していたみたい。

ソニアさんのお婆さんのマグノリア博士がダイマックスの研究をしていて、その研究のおかげでダイマックスバトルが盛り上がっているという話をしていました。

ソニアさんがマグノリア博士はダイマックスに不安を感じていると話すと、ローズ委員長はナックルシテにある宝物庫に入る許可をくれました。

宝物庫・・・?そこに何があるんだろう?

と聞きたかったのですが、委員長はとっても忙しいらしくオリーブさんが時間が無いといって帰ってしまいました。

あわただしい人たちだなぁ。

親友なんですか、すごい二人だなぁ・・・。

 

エンジンシティへ向かえ

次のジムはエンジンシティ。

ほのおのジムリーダー、カブさんが相手です。

そのカブさんが第二鉱山で特訓中だそう。

僕も第二鉱山を抜けてエンジンシティに向かいます。

 

ビート君再び

第二鉱山に入るとまたビート君がいました。

正直、からまれたくないのですが向こうが話しかけてくる。

めんどくさい。

いや、どうでもいいからそこ通して。

ビート君の手持ちは

・ユニラン エスパー

・ゴチル エスパー

・ミブリム エスパー

・ポニータ(ガラルのすがた)エスパー

というエスパーのみのパーティ。

ここまで、あくタイプのポケモンやかみつくなどのあくタイプの技を覚えるポケモンが多いので強敵ではないと思います。

他にも、むしやゴーストタイプでも弱点を付けます。

僕は、カジリガメでかみつきました。

へいへい。

ねがいぼしを集めて何をする気なの?

まぁ答える気はないよね。やれやれ。

 

ということで、今回はここまで。

ジムリーダーのルリナは美人だったなぁ。

ソニアと2人で並んで歩いていたら街中の男達の視線を集めてしまいますね。

いや、とてもきれいな二人なので女性でも憧れのまなざしかもしれません。

次回は、エンジンシティでほのおジムリーダー・カブとのバトルです。

また更新します。

ガラルの罠

おっ、モンスターボール発見伝♪

あっ?!

マッギョ!??????

つづく。

スポンサーリンク