ゲーム

レジェンズアルセウス攻略日記 第五話 盗まれた石板と野盗三姉妹

皆さんこんばんは、蜜柑です。

レジェンズアルセウス攻略日記第五話です。

前回は、アヤシシに気に入られたのか、ライドポケモンとして呼び出せるようになり、森キング・バサギリを鎮めることに成功しました。

何より、色違いのムックルに逃げられました。ちくしょう。

とにかく任務は達成したので、団長に報告に行きましょ。

レジェンズアルセウス攻略日記 第五話 盗まれた石板と野盗三姉妹

スポンサーリンク

いろんな人にからまれて

なんやかんやあってようやく村に帰ってこれました。ただいまー。

ウォロ「空に消えていく光・・・キングを鎮めたのですね!」

おうよ!苦労したけどこうしてバサギリから贈り物ももらったし・・・

ウォロ「おや、それは・・・もしかして・・・」

なっ、なんだその食いつき。返せよ、絶対返せよ。

ウォロ「うちゅう うまれたばしょ そのもの うまれたばしょ・・・」

なんだなんだ?神話の一部か?

ウォロ「おお!血が騒ぎます」

うるせぇな。

ウォロ「神話 歴史の謎! そそられる好奇心!すばらしい これこそが人生です!では!」

なんだアイツ。勝手に興奮してたぞ。歴史家か?商人じゃないのか。

・・・・まぁいいや。

団長に報告して今日はさっさと寝よう・・・。

  ~次の日~

おはようござい・・・。

???「ギンガ団の散髪店、ハイカラだね!」

・・・昨日からテンション高いやつ多いな・・・。

???「おっ、あんた!荒ぶる森キング・バサギリを鎮めた みかんだろ」

そうだけど、なに・・・。

ヒナツちゃん!いい笑顔だね!こっちまで元気になるよ。はっはっはっ。

ヒナツ「コンゴウ団のキャプテン。特技は髪結い!よろしくな!」

よろしく!髪結いってのは現代では美容師みたいなものかな。

ヒナツ「あ、ごめん!デンボクさんに話があるんだ! じゃあね」

あ、デンボクさんのところなら僕があんないするよ・・・いっちゃったか。

しょうがない、僕も行くか・・・。

 

第二の任務 ガチグマを止めろ!

なにやらヒナツちゃんと団長が話をしているね。こっそり聞いてみよう。こっそりとね。

ガチグマ!!??

新ポケモンキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

デンボク「セキやカイからも報告はなかったが、放っておけぬな」

ヒナツ「うちのリーダーも時間がないって忙しいそうだし、ガチグマのキャプテンにもあしらわれちゃって」

事件ですか?任務ですか?

デンボク「任務だ、みかん。紅蓮の湿地でガチグマを調査せよ!」

了解!

これは勝負との天の声?

ショウ「いいところで会いました。これは勝負と天の声です」

ショウちゃん・・・任務なんだけど・・・。

うぐ・・・そんな顔されると断れないじゃん。

VSショウ

ショウの手持ち

マネネ レベル19 エスパー・フェアリー

弱点 はがね ゴースト どく

いまひとつ かくとう エスパー

無効 ドラゴン

ピカチュウ レベル20 でんき

弱点 じめん

いまひとつ でんき はがね ひこう

というわけで、天の声というわけのわからん理由でショウとバトルになりました。

ショウの手持ちは、マネネとピカチュウ。

マネネにはフワンテ。ピカチュウにはイシツブテがおすすめです。

特に強敵というわけでもないので、油断しなければ勝てると思います。

バトルに集中しなさい。

時空の歪み

ショウ「ご存知ですか?時空の歪み? 最近、あちこちで発生するようです」

へぇ・・・これもシンオウ様の影響かな・・・。

フィールドでは、ドーム状の「時空の歪み」が発生します。

この中では、進化に必要なアイテムやこの時空の歪みの中でしか出現しないポケモンもいます。

ただし、かなり高レベルのポケモンが出現しますので、入るときは十分に注意・・・というか逃げる用意をしておいてください。

紅蓮の湿地のおばあちゃん

おおー湿地だぁ。

湿地って何となく広い沼っぽいイメージがあったけど、岩山も多いね。

とにかく、ガチグマのキャプテンを探そうか。

あの遺跡が怪しいな・・・

いたな、おばあちゃんとビーダル。

頑固ばあちゃんと盗まれた石板

こんにちはユウガオさん。ガチグマについて聞きたいんですけど。

ユウガオ「あなたの話はききましたよ。荒ぶるバサギリを鎮めたと」

ふっふっふ。そうです。僕です。

ユウガオ「それで助かった人もいますが、ほかに方法はなかったのかねぇ」

え?

ユウガオ「だって、ポケモンを力ずくで黙らせたようなものでしょう?」

うぐ・・・た、確かに力ずくではあったが・・。

ユウガオ「しかもあなたはボールとやらで、ポケモンを捕まえまくるとか・・・そのようなギンガ団の力は借りません。もちろんコンゴウ団の力も」

と、取り付く島もない・・・。どうしようか・・・。

ウォロ「みかんさん。キングを鎮めた腕前、ジブンにみせてくださいな」

あ?そんな気分じゃねぇよ。

ウォロ「時期を逃すと次はいつになるかわかりません!いまお願いします」

VSウォロ

強制戦闘かよ!コノヤロー。

ウォロの手持ち

トゲピー レベル22 フェアリー

弱点 どく はがね

いまひとつ むし あく かくとう

無効 ドラゴン

フカマル レベル22 

弱点 4倍 こおり 2倍 フェアリー ドラゴン

いまひとつ ほのお いわ どく

無効 でんき

フカマル!?お前どこでゲットしたぁ!!

といっても答えてくれるわけもなく。

2体とも弱点をつくのは難しいタイプなので、力押しになりますかね。

ウォロ「さすがですね。ユウガオさんの盗まれた石板。探すのはアナタにおまかせですね」

石板?

ウォロ「そうなのですよ。ズイの遺跡に残されている石板の一部が盗掘されたのです」

そうなのか・・・。

ウォロ「ユウガオさん。大事な石板を取り返そうとなさっていますが、さすがに99歳であちこちいくのはね」

99歳!?マジか・・・あのおばあちゃん。

そうか、盗まれた石板を取り戻せばユウガオさんの気持ちも変わるかもしれん。

 

野盗三姉妹 ショウチクバイ登場!

ウォロから得た情報をもとに、焚火の跡を調査中・・・

???「誰だい・・・?いまの歩き方、手練れのようだけど」

むっ?誰だ!

・・・・・・。

はぁ・・・。

はぁ!?

 

女性がたくさん活躍するヒスイ地方

というわけで今回はここまで。

ヒナツちゃんかわいいですよね。元気いっぱいで。

ショウちゃんにあんなふうに頼まれたら断れないですよね。

ユウガオさん元気ですね。

そんなこと言ってたら、野盗三姉妹なんて人たちが出てきたよ。

今回は、女性が活躍する話でしたね。

ウォロ?知らん。

また更新します。

スポンサーリンク