ポケモン

「シールド攻略日記」最終話 ガラルの英雄たち

皆さんこんばんは、蜜柑です。

シールド攻略日記いよいよ最終話です。

前回のあらすじ

各地のスタジアムで暴れるダイマックスポケモンをすべて鎮めたミカンとホップとネズ。

ナックルスタジアムの地下プラントでシルディは一連の騒動の目的を語る。

彼らは大昔ブラックナイトからガラルを救った英雄の子孫だった。しかし、本当の英雄像が発見されソニアが出版した本の影響で先祖がウソつき呼ばわりされてしまった。

ポケモンが英雄のハズはない。それを証明するためザシアンに大量のガラル粒子を注入して街で暴れさせ、ザシアンとザマゼンタを危険なポケモンだとガラルの人々に植え付ける。それが彼らの目的だった。

ザシアンとザマゼンタを助けるため、ミカンとホップはナックルスタジアムの屋上に向かう。

いよいよ旅の終わりが近づいてきた。

「シールド攻略日記」第二十六話 本当の歴史?シーソーコンビの目的皆さんこんばんは、蜜柑です。 シールド攻略日記第二十六話。 前回のあらすじ バウタウンスタジアムとエンジンスタジアムでダイマックス...

「シールド攻略日記」最終話 ガラルの英雄たち

スポンサーリンク

ザシアンを救え!

まんまとシルディたちの足止めをくらってしまった。

間に合わなかったか・・・・。

ザシアン・・・。

ソッド「さぁ!己の凶暴性をさらけ出し・・・」

危ない!近づくな!!

言わんこっちゃない・・・。

ソッド「ワ、ワレではない!」

ホップ「ザシアン・・・・」

ネズ「これまでみたいに大人しくさせたいですが、相手は暴走しかけた伝説のポケモンです」

力づくで止めるしかないか・・・。

ホップ「悔しいけど、」

分かった。

ちょっと乱暴になるけど

ザシアン!我慢してくれよ。

ザシアンの「アイアンヘッド」

痛ったぁ!?一撃でこれだけのダメージかよ!

な、何とかなった・・・・。

僕らを護ってくれる盾

なんとか止まってくれたか・・・・。

 

ホップ!!

・・・・ザマゼンタ!!

ザマゼンタ、ありがとう。

ザシアン・・・どっか行っちゃったな。

追いかけるって・・・どこに?

くちたけんがあれば、ザシアンの元へ導いてくれるかもな。

行ってこいホップ。

さて、あとは・・・。

ザマゼンタ!待って!

もう何も出来やしないよ。

ネズ「さすがチャンピオン。あの事態を治めましたか」

はい。行ってきます。

さぁ、いくぞ!ザマゼンタ!

マスターボールだ!!

よし・・・・ザマゼンタ、ゲットだぜ!!

いや~認めてくれたんですかね・・・。

・・・・。

ソッド「真の王が誰か・・・そればかりにこだわっていた自分達が恥ずかしい」

ソッド「しかるべき場所にあんないしなさい」

ネズ「反省しているなら、なぜ上から目線なんですかね」

ネズ「ミカン。きみがチャンピオンになった理由がわかった気がしますね」

ネズ「ただ・・・もう呼ばないでくださいよ」

ああ、きっと大変なトラブルです。

そのときは、また頼りにしてます。ネズさん。

助手「ソニア博士・・・許してくれとはいいません」

ソニア「最初は悲しかったけど、もう大丈夫です!」

助手「うふふ・・・それでは。博士がんばってくださいね」

やっぱ、ソニアさんは強い人だなぁ。

ソニア「さてと、悪い人はいなくなったし、あとはザシアンが無事ならいいけど・・・」

ホップのやつ、どこにいるんでしょうか?

ピピ・・・・・

おっと。

なんかすごい声が聞こえたが・・・・大丈夫か?

ホップ「ミカンの力も借りたい、来てくれ!」

どこにいるんだ?

まどろみの森か、行きましょうソニアさん。

未来を切り開く剣

まどろみの森。ザシアンとザマゼンタが眠っていた遺跡。

ホップは暴れる伝説のポケモンをたった一人でなだめていました。

 

ホップ「お前なら自分を抑えられる」

ホップ!!

ホップ「きてくれたのか。ザシアンなだめるのに夢中だったからな・・」

ソニア「ハァ、伝説の英雄を生身でおさえこもうとするなんて、無茶すぎてあきれる」

 

ザシアンも嬉しそうだ。ホップはすごな。

ソニア「えー!ほんと!?ヤバすぎ」

ザシアンの言葉が、気持ちが分かるのか・・・・。

ザシアン、ゲットだな!

ホップ「オレだってまだ信じられないけど・・・」

ホップ「ミカン・・・お願いがある!」

ん?

そう言うと思ったよ!

ホップ「ミカン、いくぞ!」

おう、ホップ、バトルしようぜ!!

VSホップ

もちろんだ。全力でいくぞ!

ホップ「目標だったアニキがチャンピオンじゃなくなってさ」

そうだね。

ホップ「ミカンもソニアも自分の道を進んでるだろ?」

そんなことはな・・・いや、ホップが決めることか。

ホップ「ミカンやネズさんとポケモンたちを助けてさ」

そーだよ。ホップ。

ホップが弱いと思っているのはホップだけなんだ。

本気を出せばシーソーコンビなんか楽勝だったろ。

さぁ、次はどんなポケモンでくるんだ?ホップ!!

おう!

ホップ「・・・よし!泣いても笑っても最後だ!」

ああ、最後は英雄の一騎打ちだ!!

ザマゼンタ!巨獣弾!!

 

よっしゃー!!

ホップの手持ちと対策

  レベル タイプ 弱点になるタイプ
バイウールー 69 ノーマル かくとう
カビゴン 68 ノーマル かくとう
ゴリランダー 70 くさ ほのお ひこう どく むし こおり
バチンウニ 68 でんき じめん
アーマアガア 69 はがね・ひこう ほのお でんき
ザシアン 70 はがね・フェアリー ほのお じめん

ついにホップとのラストバトル。

いつものように戦えばいいのだが、ザシアンがかなりの強敵。

覚えている技が、はがね、かくとうタイプなので「ゴースト・はがね」タイプのポケモンを使うと今一つで押さえられる。ギルガルドとか。

ただし、ギルガルドはほのおとじめんワザを覚えられないので、長期戦は覚悟の上で。

ぶっちゃけ、ザマゼンタだとザシアンに勝てない。よっぽどレベル差があれば別だけど。

ザマゼンタがはがね・かくとうタイプなので、ザシアンの「インファイト」が効果抜群になってしまう。

しかも、すばやさも向こうの方が高いので、ほぼ間違いなく勝てない。

で、僕はどうしたのかというと「まんたんのくすり」を使いまくって相手の「インファイト」のPP(わざポイント)を減らすというまぁ卑屈な作戦に出た。

最終的に「インファイト」のPPが無くなったらしく「ワイルドボルト」の反動で自滅しました。なんちゅうカッコ悪い終わり方。

いまにして思えば最初のターンで「てっぺき」を使えば変わったかもしれない。

約束だ

ホップ「さすが最強のチャンピオン!ミカンは強いよな!」

そうか。

夢?ホップの夢はなに?

・・・・・。

おおおお!!ホップ博士か!!いいんじゃね!!

ホップ「まだポケモンの知識とか経験が足りてないから、これから勉強していく!」

すげぇよホップ・・・。

もちろんだ。楽しみにしている。

約束だ!

ソニア「ウルっときちゃったじゃん」

おお!

ソニア「本や資料もたくさんあるから、ポケモンの知識付け放題!博士を目指すなら私が勉強みてあげるし」

ソニア「もちろん!助手さんいなくなってこまってるから、うーんとこきつかうわよ!!」

(ソニアさんと勉強か・・・・羨ましいな・・・)

シーソーコンビとネズさん・・・とダンデさん?

ソニア「どーしたの」あんたたち?」

は?

ネズ「こいつら直接謝りたいと、きかなくてですね」

ダンデ「オレはお目付け役だ。一応ガラルの元王族だからな」

ありがとうございます。ダンデさん。

ホップ「そうなんだよ!そいつらがダイマックスをバーンってさ!」

もうちょっと説明しようよ・・・・。

ソッド「ワレワレそのことについては本当に後悔しております」

シルディ「自分たちの保身のため、罪のないポケモンたちを傷つけ多大な迷惑をおかけしました」

ソッド「しかし、ミカンさまはそんな傲慢なワレワレを助けてくださった」

・・・・は?

まったくだ・・・めんどくさいなぁ・・・。

なら、しっかり謝ってきなさい!!

ネズ「おい、勝手に行くんじゃないんですよ」

うん。強かった。

それは勘弁してください。

ダンデ「ホップ!自分の進むべき道を見つけたんだな。アニキとして・・・いや」

確かに。

ソニア「さーて、それじゃわたしたちも・・・」

ホップ「おう!誰が先に森をでるか、競争だぜ!」

おう!

おわり。

 

ポケモン剣盾はホップのストーリーだった

これで、ポケモン剣盾のプレイ日記も終了です。

いや~面白かった。

やっぱ新作はいいね。新ポケモンも出るし。

今回の剣盾は、「世代交代」のシーンが多かった。

ネズとマリィ、ポプラとビート、マグノリア博士とソニア、ダンデと主人公。

ちょっと違うけど、ローズ委員長とダンデやメロンとマクワとかもね。

チャンピオンマッチでダンデも言ってたけど、

「未来につながる今現在を、オレたち大人もより良くする」

「すごい力を持つものなら、どんな未来でも描けるだろう」

僕も、もうすっかりいい大人だ。自分のことばっかりじゃなく後に続く子供たちのために今をよりよくしないといけないのかな・・・と思った。

もしかしたら、今初めてのポケモンをプレイする子供たちと、昔からポケモンをプレイしている大人たちに向けてのメッセージかもしれないね。

 

主人公も含めたライバルたちの中で、唯一なにも受け継いで無いのがホップだ。

でも、ホップは自分の夢を見つけて、自分で切り開くことを決めた。

すごい成長だ。

最初はめっちゃお調子者だったけど、ビート君に負けて、パーティもハッキリ決められず、ライバルに先を越され、最後は生身で伝説のポケモンにぶつかり、認められて英雄になった。

・・・・メッチャ主人公じゃん。

もしかしたら剣盾2とか出たら大きくなったホップ博士と再会できるかもしれないね。

そのときゃ、最強のチャンピオンがいるだろうけど・・・レベル90台とか引き連れて・・・・。

が、しかしなんと本作では初のダウンロードコンテンツ「鎧の孤島」「雪原の冠」が配信決定!

最初の3匹のキョダイマックスや、カメックス、フシギバナのキョダイマックス。

恐らくファイヤー、サンダー、フリーザーのガラルのすがたなど。

超楽しみ。

そのときはまた、プレイ日記を書こうと思ってます。

では、またその時に。

ここまで読んでくださってありがとうございました。

まとめ

「ポケモン剣盾攻略日記」まとめ ライバルと目指すチャンピオンへの旅ポケットモンスターソード・シールドの攻略日記です。 チャンピオンを目指して旅をする主人公とライバルの冒険の記録。...

スポンサーリンク