ポケモン

「シールド攻略日記」第四話 ジムチャレンジ開会式!オレのライバルたち

皆さんこんばんは、蜜柑です。

前回は大マックスレイドバトルに挑んでひどい目にあいました。

ごめんよピカチュウ、ほんとごめん。

今回は、ジムチャレンジの開会式に参加します。

前回

「シールド攻略日記」第三話 キョダイマックス!ガラル地方の神秘ポケットモンスターシールドの攻略日記です。 ワイルドエリアで初キョダイマックスしました。 えっ?ピカチュウがワンパン!?...

「シールド攻略日記」第四話 ジムチャレンジ開会式!オレのライバルたち

スポンサーリンク

エンジンシティで開会式

エンジンシティのスタジアムの中はお祭り騒ぎ。これがこの地方のジムチャレンジなんですねぇ。

受付でエントリーをすませましょ。

・・・なんだ?あの目つきの悪いトレーナーは?参加者なのかな?

おお!やっぱチャンピオンってすげーんだな。

ホップ・・・受付の人、引いてるよ。

ああ、もう恥ずかしいなぁ。

参加者はスボミーインというホテルに泊まれるようです。早速泊まって明日に備えましょう。

おお、立派なホテル!ところでお兄さん。ドーミーインって知ってる?

個人的におすすめのビジネスホテルなのでよろしくね。

伝説の英雄の像

ホテルのロビーではソニアさんが像を眺めていました。

ソニアさんの話によると

大昔、ガラル地方の空に黒い渦、人呼んでブラックナイトが表れ、あちこちで巨大なポケモンが暴れまわったが、剣と盾を持った一人の若者によって鎮められた。

ふぅん・・・伝説の英雄か・・・・。

迷惑者エール団!

明日に備えてホテルで休もうとしたところ、なにやらカウンターが騒がしい。

エール団というわけのわからない連中がトラブルを起こしているみたい。

なんだ・・・こいつら・・・?

すいませ~ん。そこにたむろしたら邪魔ですけど~。

お前ら敬語ヘタか。

というわけでエール団と3連続バトルになります。

エール団は基本的にあくタイプを繰り出してくるので、かくとうタイプのポケモンか技で対抗すれば問題ないと思います。

3選目はホップとのダブルバトルになるので、ホップのポケモンにダメージを与えないよう気を付けてください。

僕のせいじゃないよ!

!誰だ!まさかエール団のボスか!?

皆迷惑してんだぞ!

えっ!?あっいやこっちこそごめん・・・。

とげとげしいというか、ただ本人たちが暴走しているというか。

どうやらエール団はこの女の子、マリィの応援団だそう。

マリィ自身も彼らの暴走気味にはまいっているみたい。

マリィが一声かけるとエール団は退散していきました。

マリィはもっとエキセントリックな女の子かと思っていたけど、かなりまともな子だったなぁ。以外。

 

登場!ジムリーダーズ!!

いよいよジムチャレンジが始まります。こんな大々的にジムを巡る旅をするのは初めてだなぁ。

大会委員長のローズが高らかに開会を宣言しました。

ローズ「いよいよガラル地方の祭典、ジムチャレンジのはじまりです」

「8個のジムバッジを集めたすごいポケモントレーナーだけが、最強のチャンピオンが待つチャンピオンカップに進めます!」

おおっ!

すげーーーーーーーーーっ!!

いきなりジムリーダー全員集合とは豪勢な!

くさタイプのヤロー。優しくておとなしそうな顔をしているのに、メッチャ大柄な体の持ち主。すげーギャップ。

みずポケモンの使い手、ルリナ。褐色の肌とスポーティーな服装がいかにも水泳選手っぽい。

ほのおタイプのカブ。ベテランなだけに表情一つ崩さない。冷静沈着という言葉が似あう人のようだ。

ゴーストタイプのオニオン。ゴーストタイプ使いは歴代のシリーズでも何人かいたけど仮面をつけている人は初めてだ。怖っ。

フェアリータイプ使いのポプラ。まさに魔女といった感じ。どんな不思議な技を使ってくるのか。

こおりタイプのメロン。一見穏やかで優しそうな女性だけど、どんなポケモンを繰り出してくるんだろう。

ドラゴンタイプ使いのキバナ。オープニングでダンテとエキシビションマッチをしていたジムリーダーですね。ドラゴンタイプ強敵だ。

以上の7人がガラル地方のジムリーダーですね。どの人も強そう・・・。

あれ?7人?8人いるはずじゃ?

・・・一人足りない?

ともあれ開会式は進み、僕らチャレンジャーもスタジアムに入ります。

周りには沢山のジムチャレンジャーが・・・彼らは全員ライバルだ!

 

VSホップ

開会式のあと、ローズ委員長からそらとぶタクシーをもらいました。

これでそらをとぶが使えるようになります。

ここからは、3番道路を抜け最初のジムがあるターフタウンに向かいます。

向かっている途中でホップにバトルを挑まれました。

なんで?

はっはっは、もちろんオーケーするとも。

ホップの最初のポケモンはおなじみのウールー。かくとうタイプで戦いましょう。

2番手はサルノリ。ほのお、くさ、むしタイプなどで効果抜群です。

3番手はココガラ。でんき、いわ、こおりタイプで効果抜群なのでワンパチで戦い勝利しました。

まずいぞーホップ。がんばれ。

3番道路のポケモンたち

ヒメンカ。くさタイプ。

一件フェアリータイプにも見えますがくさのみです。

 

タンドン。いわタイプ。

石炭がくっついたような姿をしていますね。

下の石炭が回転してタイヤのように動いて移動します。

むし・ほのおタイプのヤクデ。これはトレーナー戦ですが3番道路でランダムエンカウントで出現しました。

他にもスカンプーなどいろんなポケモンが出現しますので、探してみてください。

3番道路を進んでいくとソニアさんを発見しました。

ソニアさん~こんにちわー。

えへ~そうですか~?ソニアさんはこんなところで何してるんですか?

ソニア「あそこに建物があるでしょ。ローズ委員長の会社なの」

ふーん。あのおじさん。すごい人なんだね。

ありがとございます!

ソニアからあなぬけのヒモをもらいました。今作から消費アイテムからたいせつなものアイテムになったみたいですね。ありがたい。

さて、3番道路からガラル鉱山に入ります。

鉱山の外にロックブラストの技マシンがありました。

 

VSビート

炭鉱の中はトロッコ用のレールが敷かれていて、主にじめんタイプのポケモンたちが生息しています。

ところどころにきれいな宝石が顔をのぞかせています。

鉱山を抜けるためどんどん進みます。すると、

???「ここにくるのですか?」

は?

いや行くよ。どうみても出口でしょ。

ビート「あなた、チャンピオンに推薦されたジムチャレンジャーでしたよね」

はぁ。

ビート「いいかい?チャンピオンよりもリーグ委員長が偉いですよね」

はぁ。

はぁ。

あ?やんのかこら。

というわけでビートとのバトルになります。

上から目線で非常にムカつくので、その鼻っ柱へし折ってやろうと思います。

1体目はユニラン。エスパータイプ。

2体目はゴチム。エスパータイプ。

3体目は新ポケモンのミブリム。これもエスパータイプなのであくタイプかむしタイプ、ゴーストタイプで挑むと有利に戦えます。

はっはっはっはっは。負け惜しみですか~楽勝でしたねぇ。

ねがいぼし・・・?ねがいぼしを集めてどうする気だ?

と、こちらの質問に答えるわけもなく立ち去っていきました。

なんなんだアイツ。

ポケモン紹介

では最期に出会ったり、進化したポケモンたちを紹介します。

ヒバニーがラビフットに進化しました。タイプはほのお。

・・・ねぇ、サマーウォーズって映画知ってる?

ココガラはアオガラスに進化しました。

これってもしかしてアーマーガァに進化するんじゃ。

クスネはフォクスライに進化しました。かいけつゾロリっていうか怪盗みたいな。

新ポケモンのマホミル。この場所にも野性が出現するようですが発見できませんでした。出現率低いのかな?

ニャースッ!!!!????

どうした。その姿?

なんとタイプははがねタイプ。まぁ・・・適応能力高そうだしな。アローラにもいたし。

そんなこんなで、ガラル鉱山を抜け最初のジムがあるターフタウンに到着しました。

ターフタウンと転がるウールー

ターフタウンは、ジムの周囲を取り囲むように畑が広がり、ところどころに石の遺跡が見えます。

金色に光る(あれは麦かな?)畑と遺跡が一体となって、自然豊かな田舎町にも見えるし観光業が盛んで活気のある町にも見えます。

さぁ、早速ターフタウンジムに挑戦・・・・。

ゴロゴロゴロゴロゴロゴロ

なに?この音?

ぎゃーーーーーー!!

痛ったーーーーくないモフモフ。

ちょっと気を付けてくださいよ・・・。

 

あれ?この人、どっかで観たような・・・・?

つづく。

次回 まとめ

次回

「シールド攻略日記」第五話 ターフタウンジム・ヤロー!ファイティングファーマー!!ポケットモンスターシールドの攻略日記です。 初めてのジム戦です。 ダイマックスバトルを制したのは果たしてどちらか!...

まとめ

「ポケモン剣盾攻略日記」まとめ ライバルと目指すチャンピオンへの旅ポケットモンスターソード・シールドの攻略日記です。 チャンピオンを目指して旅をする主人公とライバルの冒険の記録。...

スポンサーリンク