テレビ・映画

「ネタバレ注意」仮面ライダーグリスの感想を書きます!これが、仮面ライダービルドの最終章だ!!

皆さんこんばんは、蜜柑です。

ついに届きました。

「ビルドnewworld 仮面ライダーグリス」!!

観ました。

全編通して

武田航平 on stage!!

でした(笑)

とにかく

・カズミンと三羽ガラスが大好き

・カズミンとみーたんが大好き

な人は絶対観て欲しいし、

ビルドの仮面ライダーが全員変身するのでビルドが大好きだった方にもぜひ観て欲しい作品になっています。

前作、仮面ライダークローズを見ていないと分からないかも

今作は、前作の仮面ライダークローズの続きになるので、前作を観ておかないと重要な部分が分かりません。

メインの物語は前作とは関係がないのですが、戦兎と万丈以外の人がなぜ前の世界の記憶をもっているのか?という部分があっさりと説明されるだけですので、前作を観ておくことをおススメします。

ちょっとネタバレ 仮面ライダークローズの感想を書きます ビルドnewworld 仮面ライダークローズを観たので感想を書きます。 万丈の活躍やエボルトの復活、キバリスとの戦いの感想を書いています。...

「ネタバレ注意」仮面ライダーグリスの感想を書きます!これが、仮面ライダービルドの最終章だ!!

スポンサーリンク

ストーリー

戦兎たちが創造した新世界。

スカイウォールもなく平和な世界だと思われたが、突然新世界を科学の力=兵器で支配しようとする「ダウンフォール」というテロリスト集団が現れた。

新型のスマッシュに変身する彼らに、ホワイトパンドラパネルを奪われ、美空を人質にとられてしまう。

美空を救うため、一海は新たな変身を行う。

3羽ガラスの魂がこもった変身をー。

 

といった感じのストーリーです。

 

カズミンサイコー!!

新世界でもスマッシュやライダーシステムを悪用した戦争が起こるといったシリアスな物語なのですが、

相変わらずカズミンはやってくれます。

物語の冒頭、働くみーたんを眺めながら

垂れ流しの妄想を暴走させてくれます。

なんというのか、あのカズミンが一人で盛り上がっているあの演出が好き。めっちゃ面白い。

しかも、この新世界では美空はみーたんとして活動していないので、みーたんのおっかけもカズミン一人。

恋のライバルも付き合って恨むファンもいないので、どんどんアプローチすればいいものを、

アイドルは一人のものになってはいけない

といって妄想に走っていました。

ドルオタとして正しい姿なのかはよく分かりませんが、このドルオタとしてのプライドがカズミンの魅力であるのは間違いありませんね。

 

仮面ライダーとしてのプライド

もちろんドルオタとしてのカズミンも面白いですが、仮面ライダーグリスとしてのカズミンも大好きです。

もともと、家族や三羽ガラスのために仕方なく仮面ライダーグリスになって戦争に参加したカズミン。

しかし、いつしか愛と平和のために戦う戦士になり、そんな自分に誇りをもっていたんでしょうね。

仮面ライダーのちからを悪用する敵に対して、

「仮面ライダーなめんじゃねぇぞ!」と啖呵を切ります。

その姿は、かつて戦闘狂であったカズミンではなく、まさしく守るべきものがある仮面ライダーでした。

 

3羽ガラスも大活躍

新世界で転生した3羽ガラスも前世界の記憶が戻り、ハードスマッシュに変身してグリスとともに戦います。

カズミンも含めた4人は本当に仲良しで、カズミンがみーたんに〇恋したときも傷心旅行として、ボートで海に出て流れ着いていました。バカなのかな?

そんな3羽ガラスですが、自らの命を懸けてグリスの新しい力「パーフェクトキングダム」の完成に一役買っています。

ただ、ビルドのパワーアップアイテムは生易しいものじゃないので、パーフェクトキングダムは文字通り3羽ガラスの命を使って完成しました。

彼らの最期の戦いも注目してください。

「バカ野郎が・・・また、俺より先に逝っちまいやがって・・・」

 

葛城親子にも注目

前の世界で記憶を失い桐生戦兎となった葛城巧。

彼が新世界でどうなったのか、僕も気になっていましたが

父親の葛城忍とともに新世界に生きていました。

彼らもまた記憶を取り戻し、テロリストとの戦いに力をかしてくれます。

葛城親子にも注目してください。

 

ビルドライダー総変身!

仮面ライダービルドとしては最終話となるので、仮面ライダービルドに登場したライダーが全員変身します。

もちろんエボルはいないけど、内海はいるよ。

地味に生身の人間としては初めての変身になるんだよね。

しかも、玄さんはプライムローグに変身します。

僕もてれびくんの超バトルDVDは観てないので嬉しい演出ですねぇ。

ただし、クローズエボルは登場しません。あれは設定的に難しいので・・・。

ビルドジーニアスやクローズマグマ、プライムローグにマッドローグ。

そして、グリスブリザードとグリスパーフェクト。

まさにビルドの集大成といった作品です。

 

仮面ライダービルドはこれで一区切り

これで仮面ライダービルドという作品はひとまず終了となりました。

最初から最後まで「戦争」という重いテーマをかかげ、化学は人を不幸にするのか?仮面ライダーの力は兵器か?というところにスポットをあてた作品でした。

昭和から続く仮面ライダーという作品は、敵と同じ力を利用して戦うというコンセプトが継承されており、結局のところビルドライダーシステムも兵器の一つ。

しかし、化学は使う人間によって兵器にもなるし、仮面ライダーにもなる。

たとえ新世界になっても、それは変わらない。

最初は兵器として戦ったグリスが、仮面ライダーになったように。

守るべきものがあるか、ないかが兵器か仮面ライダーを分ける線引きなのかな、と思いました。

あなたも是非、仮面ライダービルドの最終章をグリスの最期の祭りをその目で観てください。

ここまで読んでくださってありがとうございました。

スポンサーリンク