テレビ・映画

「ネタバレ注意」劇場版ウルトラマンR/Bセレクト!絆のクリスタルの感想を書きます。

「決して絆を諦めるな!」

皆さんこんばんは、蜜柑です。

劇場版ウルトラマンR/Bセレクト!絆のクリスタルを観てきました。

僕はねぇ、正直テレビのストーリーがなんか一歩足りない~物足りない~。と思っていたのであんまり期待はしていなかったのですが、

今までのウルトラマンの映画は違った感じで面白かったです。

もちろん、戦闘シーンも見応え抜群でした。

というわけで、感想を書いています。

ネタバレが含まれていますので、観たくない人はここで戻ってください。

「ネタバレ注意」劇場版ウルトラマンR/Bセレクト!絆のクリスタルの感想を書きます。

 

スポンサーリンク

湊家の旅立ちの物語

劇場版の物語は、テレビ版の番外編ではなく、完結編といった感じのストーリーでした。

怪獣が現れなくなって1年後。

湊家の家族はそれぞれ平穏な生活を送っていました。

父親のウシオは相変わらず独特なセンスでセレクトショップ「クワトロM」を経営し、母親のミオは、綾香市の復興を手助けするために一時的にアイゼンテックの社長に就任。

妹のアサヒは看護師になるために友達と一緒に勉強中。

湊家の次男イサミは宇宙考古学を研究し、その研究が注目されアメリカ留学の話がもちあがっていた。

では・・・長男のカツミは・・・?

というところから物語は始まります。

兄弟たちはそれぞれ自分の夢に向かって動き出しているのに、自分には夢がない。

と思い悩むカツミが劇場版の主人公です。もうほぼカツミ主役、メイン。

テレビ版では、家族の絆が主なテーマでしたが、劇場版では湊家からの巣立ちがメインテーマになっていると思います。

前々作の主人公、クレナイ・ガイはウルトラマンとして旅を続けることを選んだ人物、前作の主人公、リクは造られた運命を乗り越えてリクとして生きていくことを選んだ人物。

彼等とは違い、カツミとイサミはたまたまウルトラマンの力を手に入れて、成り行きで戦い。ウルトラマンとして成長してきました。

劇場版では、兄弟たちが巣立ちしていく中で、カツミが「ウルトラマンとして生きていくか?」それとも「カツミという人間として生きていくか?」という選択を迫られます。

これだけ聞くと、なんだかウルトラマン特有の悩みのように聞こえますが、劇中ではカツミの高校時代の友達が登場します。

カツミの友達もかつてはゲームクリエイターになりたいと夢を追っていましたが、就職先の企業で雑用ばかりの仕事に嫌気をさし、現在は引きこもりになっていました。

大人に観て欲しいストーリー

カツミの友達がまた痛い。

もう、僕といろいろ重なって痛い。

「自分は何ももってない」とか「やりたい仕事と違った」とか夢破れて不貞腐れている姿がまぁ痛い。彼が痛いんじゃなく僕が重なって超痛い。

で、友達はいろいろあってカツミの正体を知ることになります。

「やっぱりお前はもってるじゃねーか!!!」と激昂し邪願獣スネークダークネスに変貌してしまいます。

なんだろう・・自分はまともに努力もせず、もっている人間の苦悩も知らず、ただ責め立てる。一言で言えば馬鹿なんだろうけど、責められないよねぇ・・・。

そんな彼を、彼のお母さんは探し続けます。怪獣が大暴れする危険な街の中を走り続けていました。

お母さんに心配をかけちゃだめだよねぇ・・・。

「お母さんの声が聞こえないのか!」とリクが怒鳴ります。

両親がいないリクは、こんな風に心配してくれる人がいる幸せを感じてほしかったんでしょうね。

アサヒのいる家

戦いから一年がたって、すっかりアサヒは湊家に戻っていました。

テレビ版では、ウシオがアサヒの正体を疑ってからすこし距離をとっているようにみえましたが、アサヒが学校の男子にモテるという話を聞くと居ても立っても居られない様子で、アサヒを尾行し始めました。

「俺は、娘がいたら溺愛するに決まっているだろ」といっていましたが、ほんとに過保護になりましたねぇ・・・。

テレビ版では見られなかった湊家全員がそろったすき焼きを食べるシーンもありました。

イサミとアサヒが肉ばっかり食べて、それをカツミが注意するというわいわいがやがやした食卓シーンでしたが、ようやく手に入れた日常でした。

まぁ、リクとペガもいたけど。

戦いのシーンでは、美剣サキと同じようにグルジオレギーナに変身して戦います。

「アサヒは女の子なんだから下がってろ」「女の子だからって関係ありません!」

今の時代は女の子も勇敢に戦う時代なんですねぇ。

その思いに答えるように、アサヒの前にサキが表れます。

「さあ行こう。わたしは常に、アサヒと一緒にいる」

グルジオレギーナの背中がピシピシとひび割れ、脱皮をするかのようにウルトラウーマングリージョが姿を現しました。

まさか脱皮するとは・・・。

グリージョはカラータイマーの鳴っていたロッソ・ブルそしてジードのエネルギーを回復し、バリアで攻撃を防ぐなど、防御・補助系の能力を発揮。

そういや、ウルトラの母も元々看護師かなにかだったような・・・。

そして、湊家3兄弟の心が一つとなりウルトラマンルーブが奇跡の姿に進化する。

ウルトラマングルーブ

「まとうは真、不滅の真理!」

ロッソ・ブル・グリージョが合体・進化した姿。

なんとこのグルーブ。フルCG

とにかくヌルヌル動く。ビュンビュン飛び回る。

しかも、どうやら技術が進歩しているらしく、CGと特撮の見分けがつかない。

ジード・ウルティメイトファイナルと並び立っても違和感がない。

その次のシーンは明らかに特撮なんだけど、グルーブがいても違和感がない。どうなってんの?科学の力ってすげー。

ウルトラマントレギアの謎

結局、今回の悪役、ウルトラマントレギアは何者で、どこから来たのか全く不明でした。

今までのウルトラマンが操られているとか、闇落ちしたとかそんな噂が流れていましたが、どうも違うっぽい。

ジードでベリアルが倒されてしまったので、新しく悪のウルトラマンとして誕生したトレギア。

力押しでガンガン攻撃することを好んでいたベリアルと違い。残忍で狡猾。

相手の心の弱さ、迷いに付けいり巧みに誘導し、破滅させる。

そんな詐欺師のようなウルトラマンでした。

「私は、残業はしない主義だ」などどこかビジネスのような感じもするし、ただ面白がっているだけのようにも見える。

特に「はっきりとした目的が無かった」のが薄気味悪い。

ベリアルは、自分が最強の力を手に入れウルトラの星に復讐するという一貫した目的があった。

けど、トレギアはペガを誘拐しジードに殺させようとしたり、ブルに「キミたちはロッソがいないとダメなんだねぇ」といったり、相手が苦しんだり、傷つくのを楽しんでいるかのように見える。

まぁ、どうやら今後のウルトラシリーズに深くかかわっていきそうなので、注目したい。

ウルトラマンタイガではメインヴィランに

最新作「ウルトラマンタイガ」ではメインヴィランつまりメインの敵として登場します。

しかも、タイガの父ウルトラマンタロウのかつての親友。

ベリアルと同じく、かつては光の戦士だったらしいが、何らかのきっかけで闇に落ちたウルトラマンみたい。

それにしても・・・ウルトラの父といいタロウといい親友が闇落ちするなぁ・・・。宿命かな。

ぜったい観てね

というわけで、長々と書いてしまいました。

今まで「何のために戦うのか」とかウルトラマンだから悩む主人公が悩みを乗り越えていくストーリーが多かったと思いますが、この劇場版ではカツミの将来への悩みがメインになっており、非常に感情移入しやすかったです。

特に、夢に破れて地元にかえってきた20代後半ぐらいの若者にはくるんじゃないかな~。

と思うので是非観てください。

あ、ウルトラマンジードの本編と劇場版とウルトラマンR/Bの本編を観ておくといいと思います。

追記

愛染誠は一切出てきません。あしからず。

スポンサーリンク