ゲーム

「進撃の巨人2攻略日記」第十四話 裏切者

皆さんこんばんは、蜜柑です。

進撃の巨人2攻略日記。ウドガルド城の戦いを切り抜け調査兵団と合流しました。

前回

「進撃の巨人2攻略日記」第十三話 嘘の名前、本当の名前進撃の巨人2攻略日記。今回はウドガルド城の戦いです。...

「進撃の巨人2攻略日記」第十四話 裏切者

スポンサーリンク

告白

壁の内側に巨人がいるということは、どこかの壁に穴が空いているはず。

しかし、壁の調査にでたハンネスさんたちによるとどこにも穴が空いていないということ。

穴がない以上、エレンが岩でふさぐこともできないので、とりあえず帰還することになりました。

なんだか、ライナーたちが向こうでエレンと話してるんだが、何してんだ?移動するぞ。

ん?

なんだ?

ミカサ「エレン!逃げて!!」

エレン!

うわっ!

超大型と・・・鎧・・・!!

エレン「この・・・・」

「裏切りもんがああああああ!!」

超大型巨人を討伐せよ!

ユミルと誰かが食われた!!

猛烈な風と落としてくる岩をくぐり抜けて、超大型巨人にたどり着かなければなりません。

近づいたら一気に、

もらったぞ、ベルトルトォ!!

熱っ!!

体から高熱の蒸気を吹き出し始めました。近づくことが出来ません。

いずれ限界がくるでしょう。それまでエレンの援護だ。

鎧の巨人との戦い

ライナー・・・いや、鎧の巨人!!

やったか・・・?

エレン「タックルが速くて強烈だ」

「どうせ倒されるなら・・・」

「その首もらったぁぁ!!」

やれー!エレン!!裏切り者を引きずり出せ!!

エレン「抵抗が弱まった!」

なんだ・・・?少しずつ移動してる・・・?

!女型と同じように他の巨人を呼んだのか!?

・・・・何もこない・・・?

「上だぁ!避けろぉぉぉぉぉぉぉ!!!」

 

覚悟を決めて

目を覚ますと、すでに戦闘は終わっておりエレンはライナーたちに連れ去れてしまいました。

気落ちするアルミンとミカサにハンネスさんが声を掛けました。

エレンが勝手にどっか行くのはいつものこと。それを助けるのが2人ってのもいつものことだと。

こちらも鎧の巨人に用がある。

・・・必ず殺す。

 

ということで今回はここまで。

こうやって見てみると怒涛の展開ですね。ほんとに。

いきなり鎧と超大型の正体が判明して、戦闘になって逃げられて。

主人公としてもいよいよ怨敵の正体を知り、どうゆうリアクションしようかなーと思っていたのですが、選択肢に殺意満々の選択があったのでぶれない復讐鬼にしてみました。

それもいいよね。

また更新します。

ここまで読んでくださってありがとうございました。

次回 まとめ

「進撃の巨人2攻略日記」第十五話 「座標」皆さんこんばんは、蜜柑です。 進撃の巨人2攻略日記第十五話。突然ライナーとベルトルトが裏切り、エレンを連れ去ってしまいました。 前回...
進撃の巨人2
「進撃の巨人2攻略日記」まとめ 名もなき104期調査兵の記録皆さんこんばんは、蜜柑です。 進撃の巨人2攻略日記がひと段落しましたので、まとめておきたいと思います。 良かったら読んでくださいね。...

スポンサーリンク