生活

ランチやお弁当でみかんを食べたい 潰れないようにする工夫や美味しさを保つには

学生のころ、母がお弁当のデザートにみかんを添えてくれました。(切ったやつじゃなくて丸ごと)

そんなことをつゆとも知らず、当時の僕はマヌケにも弁当をカバンの一番下に入れ、上から教科書だの水筒だのを詰め込みました。

当然のことながら、お昼休みにお弁当を開けるとぺっちゃんこになったみかんが・・・。

こんな悲劇を繰り返してはならない!

お昼休み、ランチタイムに美味しいみかんが食べたい!!

ランチやお弁当でみかんを食べたい 潰れないようにする工夫や美味しさを保つには

スポンサーリンク

潰れないようにするには

・ランチバックにタオルをつめる

お弁当とみかんをランチバックに入れて、隙間にタオルを詰め込みます。

とても重いものを入れたり、無理矢理押し込んだりしない限りはつぶれないと思います。

・容器に入れる

バナナを潰れないように入れておくバナナケースという商品があります。

同じようにみかんも容器に入れておけば、潰れる心配はありません。

みかんケースという商品はありませんが、おにぎりケースで代用できます。

↑こんな感じ。

できるだけ美味しく食べたい

潰れる心配がなくなったら、出来るだけ美味しく食べたいですよね。

美味しいみかんを食べるために、スーパーなどでの見分け方や鮮度の保ち方をまとめてみました。

美味しいみかんの見分け方

みかんは「小さくて平べったいもの」が甘くておいしいです。

ヘタの部分が小さくて緑色で真ん中が細いものが新鮮な証拠。

さわった時に、皮と実の間に空洞が無いものが美味しいみかんです。

(ブヨブヨせず、張りがある)

鮮度を保ちたい

ヘタの部分は上にするか下にするか?

ヘタの部分は固いので下にした方が、傷みにくくなります。

保存場所は、暖房を入れる可能性のあるリビングなどの場所よりも、玄関など15℃以下になる場所がいいです。

袋入りを買った場合

袋入りのみかんを買った場合、袋から出さずに少し穴をあけて涼しい場所に置いてください。

箱入りを買った場合

箱入りみかんを買った場合は、箱をあけて新聞紙をかぶせて置いてください。

下の方にあるみかんは傷みやすくなってしまうので、ダンボールの下から開けると全部のみかんが長持ちします。

保存期間の目安

常温(15℃ぐらい)だと2週間ほど。

冷蔵庫だと3週間ほど。みかんは乾燥に弱いので、ビニール袋などに入れて冷蔵してください。

冷凍すると2~3カ月ほど長持ちします。乾燥を防ぐため一度みかんを冷凍庫で凍らせて、さっと水にくぐらせて再冷凍すると、長持ちします。

 

まとめ ランチタイムに美味しいみかんを食べるには

小さくて平べったく、ヘタが小さくて緑色で真ん中が細く、さわって張りがあるものを選ぶ。

袋入りなら、少しあなを開けて下向きにして、涼しい場所で保管する。

容器にみかんを入れて、潰れないように持っていく。

ランチタイムに美味しいみかんが食べれる!

ということで、ランチタイムに美味しいみかんを食べる方法をまとめてみました。

せっかくのデザート、美味しく食べたい。

皆さんもぜひ試してみてください。

ここまで読んでくださってありがとうございました。

スポンサーリンク