ゲーム

レジェンズアルセウス攻略日記第九話 あらたなキングの誕生! 火山に響く2つの咆哮

皆さん今晩は、蜜柑です。

レジェンズアルセウス攻略日記第九話です。

カイちゃんに頼まれて、先代キングのこどもである2体のガーディを次代のキングにすべく鍛えようと思っていたら、キャプテンのガラナさんにきっぱりと断られてしまいました。

とりあえず、火吹き島に出るという幽霊の調査をするためイダイトウの力を借りることにしました。

イダイトウに認められた・・・・と思ったらまた野盗三姉妹が登場。

大きいガーディをさらわれてしまいました。

ちくしょうめ・・・。

前回

レジェンズアルセウス攻略日第八話 キングのいない島 秘密の逢瀬とイダイトウ皆さん今晩は、蜜柑です。 レジェンズアルセウス攻略日第八話。 前回は、ヒナツちゃんのかわいさを十分に堪能・・・いやいや。 荒ぶるド...

レジェンズアルセウス攻略日記第九話 あらたなキングの誕生! 火山に響く2つの咆哮

スポンサーリンク

野盗三姉妹 三番勝負!

いた!あいつら・・・。

オマツ「ほら、進化しなさいよ!」

オタケ「ここにくる勇気あるポケモンは、進化するといわれていることうちらは調べたんだから」

そんなやり方でうまくいくわけないだろ!

オマツ「またきた、おじゃまむし」

オタケ「うちが相手をするわ。さあ、やっちまいなユキノオー」

VSオタケ

ユキノオー 

レベル35 タイプ くさ・こおり

ばつぐん(2.5倍)ほのお

ばつぐん かくとう どく ひこう むし いわ はがね

というわけで、どっかで見たような顔の少女が繰り出すユキノオーです。

ほのおタイプの攻撃が2.5倍になり、ほのおタイプのポケモンならこおり、くさ両方のタイプを半減できるのでおすすめ。

手持ちにいない場合は、火吹き島にブーバーが生息しているのでゲットしておきましょう。

 

こんなところでユキノオー出すからだろ!

オタケ「火山が熱いからさユキノオーも本調子じゃなかったの!」

当たり前だ。

オウメ「姉者だけどなユキノオーを戦わせたの。いけドクロック。毒まみれにしてやりな」

VSオウメ

ドクロッグ

レベル 34 タイプ どく・かくとう

ばつぐん(2.5倍)エスパー

ばつぐん じめん ひこう

事実上の2体目はドクロッグ。タイプがどく・かくとうなのでエスパーでばつぐんが取れます。

ただし、おそらくあくタイプの技を覚えているので、ひこうタイプやじめんタイプも準備しておくと安心です。

 

オウメ「梅のように酸っぱい負けの味・・・」

オマツ「いったよねえ、あたくしギンガ団に恨みがあると。カントーから出張ってきてからの恨みつらみ、あなたに八つ当たりだね」

カントー出身なのか・・・いや、そんなことどうでもいいわ!こっちも半分八つ当たりじゃい!

VSオマツ

サイドン

レベル34 タイプ じめん・いわ

ばつぐん(2.5倍)みず くさ

ばつぐん こおり かくとう じめん はがね

こうかなし でんき

オマツの一体目はサイドン。

みずタイプのポケモンがおすすめ。特にアクアジェットが使えるフローゼルなど。

ゲンガー

レベル35 タイプ ゴースト・どく

ばつぐん じめん エスパー ゴースト あく

こうかなし かくとう ノーマル

二体目はゲンガー。

フローゼルなら弱点をつける「かみくだく」を覚えるので、そのままバトルしても優位に立てます。

今作では特性がないので、じめんタイプも弱点になります。

オマツ「待って 全員敗北!?」

見たか!

オタケ「ねえさん!ユキノオーもオウメのドクロックも回復させたわ」

おまえそれ反則だろう!いままでのシリーズでもそれを言ったヤツいねぇぞ!!

 

困難に立ち向かう強さ

あれ?小さいほうのガーディ?なんでここに?

ススキ「ガラナさん。どうして、ここに。ガーディと待っているはずでは・・・・」

自力でここまで来たのか?すごいじゃないか。

うおーがんばれ!ここで引いちゃだめだ!

!?

ポケモンの鳴き声・・・?

!!!!

おおおおおおおおおおおおおおおお!!!!!!!!!!!!!

ウインディに進化した!!

かっこいい!!!!!!!

ススキ「勇気を示しましたね・・・」

怖くても立ち向かう強さを見せることがキングの条件だったのかな。・・・・ん?

そ、空が!?嫌な予感がするよこれ!

雷が!ウインディに落ちた!!

これは、やっぱり・・・・。

ガラナ「え・・・・」

ススキ「ガラナさん!危ないですよ!」

ガラナ「ど、どうしたのですか・・・?」

ススキ「荒ぶったのですよ!他のキングやクイーンと同じように・・・」

オマツ「妹たち、逃げるよ!命あっての物種だからね」

お前ら待てこら!

ススキ「ガラナさん。ぼくたちも逃げますよ。このままでは、ウインディに、襲われます」

確かに、いったん下がりましょう。

カイ「ガラナちゃん!」

ガラナ「わたくしは、あの子の世話をするキャプテンとしてあの子を守ります。全力で!」

ガラナ「みかんさま、荒ぶるウインディを鎮めるには・・・」

カイ「シズメダマだよ!」

ポケモンの好物をまとめてウインディに投げつければ、おとなしくなります。

うん!!

ススキ「あの・・・でしたら、ガーディの好物は、ぼく、持ち歩いています・・・」

よし、シズメダマも準備できた・・・さて、行くか!

 

あらたな島キング ウインディを鎮めろ!

ガーディ、いやウインディ!

勝負だ!

VSウインディ

突撃!あぶなーい!!

なにそれ!?なんかすっごくヤバい感じがする!

ぎゃあああああああああああああああああああああああああああああ!!!!

ウインディ(ヒスイのすがた)

レベル 36 タイプ ほのお・いわ

ばつぐん(2.5倍)みず じめん

ばつぐん かくとう いわ 

ウインディ戦はとにかく足場が悪く、攻撃をよけるのが大変です。

とにかくよけることに集中して、チャンスを見計らってシズメダマを当てましょう。

炎の球をだして力を溜めた後、放つ大技は回避不可能、大ダメージの必殺技です。

シズメダマを5回当てるとスタン状態になり、バトルを仕掛けられるので、ガンガンシズメダマを当てていきましょう。

ウインディ戦でのおすすめポケモン

フローゼル 頼れるアクアジェット。

ゴローン 直前でゲットできるポケモン。

頼むぞ、フローゼル!

鎮まれ!

よっしゃー!

火山に響く咆哮

やっと落ち着いたかウインディ。まったく大変だったぞ。

ガラナ「ええ?ウインディの鳴き声が2匹分・・・」

ん?

ガラナ「なるほど、そうゆうことでしたのね」

ガラナ「ガーディ・・・いえ、島キングウインディ。あなたとあたくし、それぞれの役割に従うため、離れて暮らすことになります」

ガラナ「大丈夫よ。あなたは強いもの。あたくしなんかより、はるかに。キングとキャプテンそれぞれの役割を果たしましょう。いきなさいキング」

それぞれの役割

ススキ「あのう・・・先代のウインディの鳴き声が、聞こえた気がしたのは、ぼくだけですかね・・・」

ガラナ「ススキさまだけですよ」

ススキ「や、やめてください」

・・・・僕も聞こえたけど、言わないでおこう・・・。

ガラナ「おびえさせてごめんなさい。あたくしにも、ちゃんと聞こえましたよ。先代キングの鳴き声が・・・きっと見守ってくれていたのです。あたくし以外にも、ずっと・・・」

先代もこれで安らかに眠れるかな・・・。

ガラナ「みかんさま。キングになったあの子を鎮めてくださり、心より感謝申し上げます」

いえ、まぁ予定外でしたが。

ガラナ「あと、押し付けちゃいますが、あちらの世話もお願いしますね」

あちら?ああ、もちろんです。

 

そんなの気にすることないって。

カイ「ガーディをキングにできないガラナはキャプテンにはふさわしくない。シンジュ団のみながそういうから、訓練でもさせてはどうかと進言して、ガラナちゃんに叱られたこともあって・・・」

まぁ、あのガラナさんなら怒るよね・・・。

カイ「しかも、島キングになって荒ぶるウインディに対してもなにもできなかったよ・・・」

そんなことないさ、シズメダマを作ってくれたじゃないか。

カイ「遅れてやってきて、シズメダマを作っただけなのに、みかんさんほめてくれるの?こんなにちっぽけな、わたしなのに?」

ほめるさ。カイちゃんは頑張ってるからね。

カイ「わたしは若くして長になって・・・シンジュ団をこうしたいとかも、ない・・・で、みかんさんをみてわかったよ。わたし、ヒスイを守りたいんだ」

そっか。それが君のやりたいことか。

いや、君の役割かな。

カイ「みかんさん。またポケモンを戦わせてよ。相棒とともに戦うことで、あなたを助ける力を得て、わたしの世界を広げるから!」

もちろん!

うん。じゃあね。

・・・世界を広げるか、

かつて空間を広げたパルキアのように、カイちゃんの世界も広がっていくといいな。

 

ウインディがひたすらにカッコいい回でした

というわけで今回はここまで。

ウインディカッコいいですね!!!!!

進化するんだろうなーとは思っていましたが、あんな狙ったタイミングで荒ぶるとは。

これで間違いなく、事故や偶然ではないですね。

誰かが、キングやクイーンを荒ぶらせている・・・。

では、また更新します。

ここまで読んでくださってありがとうございました。

 

ん?あれ?あなたは?なんでここに???

おはようごさいま・・・・ん?

んんんんん????

???「ギンガ団のボス、デンボクさまが部屋にくるように、とのことでした」

スポンサーリンク