化粧品 スキンケア

疲れ眼を解消する方法と「スチームアイピロー」レビュー!

毎日、パソコンやスマホで眼が疲れていませんか?

眼がショボショボするときには温めるのが効果的です。

 

皆さんこんばんは、蜜柑です。

すっかり冬ですね。北海道のほうではすごい雪が降っているとニュースで報道してました。

僕の住んでいる地域では雪が積もることはめったにありませんが、日に日に乾燥しているのが分かります。

もともと、アレルギーで肌が弱いこともありますが、眼が乾燥してショボショボします。

毎日毎日、スマホやパソコンやゲームばっかりしてますからね。

眼が疲れているのでしょう。

今現在もショボショボしだしました。

あ~ショボショボする~。

 

このまま放置すれば、仕事や普段の生活にも支障が出るかもしれません。

というわけで今回は、疲れ眼対策!疲れ眼を解消する方法とグッズレビュー!です。

 

スポンサーリンク

 

 

疲れ眼対策!

まずは休もう

パソコン等を使っているときは、1時間ごとに5分ほど眼を休ませましょう。

目を閉じるだけでも効果があります。こめかみのあたりを軽くマッサージしてあげればさらに疲れをとることができるので

こまめに休息をとりましょう。

 

温めて疲れを取ろう

眼がショボショボしてしまうのは、眼の血管が血行不良を起こしています。

そのため、眼がショボショボしてしまったら温めてあげましょう。

というわけで今回は、こちらを購入。

「スチームアイピロー」

アイピローをレンジでチンして温めて使う、疲れ眼解消グッズです。

早速、開封!

中身はこんな感じ、カバーとジェルのようなパックが入っています。

 

使いかた

まずは、カバーを濡らし絞ります。

その後、カバーにジェルを入れてレンジでチンします。

まずは、500wで30秒・・・

・・・ちょっと冷たい

流石にこの時期の水道水は冷たすぎたかも・・・

600wに変更しもう一度チン。

今度は、温かくなりました。

裏面に(さわっても温かく感じないことがありますが、中身は温まっています)

(700w以上でチン禁止、温かさが足りない場合は15秒ごとに追加チン)

と書いてありました。

温まってないな~と感じてもチンしすぎには十分注意してください。

 

実際に温かさは保つのか?

計ってみました。

計り方は、使用後すぐ、5分後、10分後、15分後、20分後でそれそれ温度を計測。

自分の右手に載せて、間に温度計を差し込んで計ります。

要するにこんな感じ。

↑は使用後すぐの状態、温度は31.6℃ あったか~いです。

 

5分後

5分後、温度は31.1℃ まだあったか~い。

というか、何で僕は利き手で計測しているんだろう・・・左手だとメモしにくい・・・。

 

10分後

10分後 31.3℃ ちょっと上がったけど誤差の範囲でしょう。

ちょっとぬるくなりました。

しかし、10分間温度を保っていられるのはすごいと思いました。

・・・左手で書いたメモが読めない・・・。

 

15分後

15分後 29.9℃ 30℃を切りました。

ピローが冷めてきたのか、自分の右手が温まったのか、冷たく感じるようになりました。

 

20分後

20分後 29.5℃ さすがに冷めてしまいました。

しかし、温度計上はそんなに冷めていません。

15分は温度を保つと言っていいのではないでしょうか。

 

冷やしてもOK

この商品、冷やしても使えます。

乾いたカバーとジェルをポリ袋に入れて冷蔵庫または冷凍庫に入れれば、

眼を冷やすこともできます。

眼が炎症や充血をおこしている場合は冷やすのが効果的です。

充血は眼の血管が炎症を起こしている状態ですので、冷やすことが効果的です。

ショボショボするときは、温めて

充血しているときは、冷やして。

「スチームアイピロー」は両方のケアができます。

 

気になったところ

いくつか気になったことを

・チンするのがめんどくさい。

これを言ってしまったら、この商品の良さ丸潰れな気がしますが

いざ「チンするだけ」といっても重い腰が上がらない。

我ながらものぐさだなー。

・カバーの汚れが気になる。

わりとカバーが汚れやすい気がします。

髪の毛や埃が付きやすいので、こまめな洗濯が必要になりますね。

 

タオルで試してみよう

濡れタオルで同じことができるか試してみました。

まずはタオルを濡らしてレンジでチンします。

500wで30秒の後に600wで30秒でチン。

・・・表面はそんなに温かくないですね。

では、広げて腕にのせて5分、10分、15分、20分で計ってみましょう。

タオルを広げて・・・

熱っつ!!!広げると熱っつ!!!

と、とにかく始めましょう。

41.1℃!!??

高すぎだろう、スチームアイピローのときは31℃で温かかったのに

ちょっと熱いもん。

 

5分後

5分後で36.9℃

ようやくあったか~いぐらいになりました。

ちなみに、前回の反省をいかして左手で計測しています。

 

10分後

10分後 33.5℃ ちょっとぬるくなってきました。

 

15分後

15分後 32.4℃ この時点でだいぶん温度が下がってきたように感じます。

 

20分後

20分後は29.1℃ 真ん中はやんわりあったか、他は冷たくなりました。

結果

とにかく最初が熱い!!

まぁ、個人で好きなように温め時間を調整すればいいと思いますが

眼の上に載せるのは危険を感じるレベルです。

 

負担を減らして

スチームアイピローは、疲れた眼をいやすグッズです。

やっぱり普段から眼の負担を減らすことが大切です。

パソコン等からの眼の負担を減らすには、「ブルーライトカットPCメガネ」を

使うことも効果的です。

有名なブルーライトカットメガネはジンズPCでしょう。

2000円以上購入で送料無料。JIN’s GLOBAL STANDARD オンラインショップ

全国に支店もありますので、持ってない方は一度試してみてください。

 

疲れ眼は辛い・・・

疲れ眼をほおっておくと眼精疲労になり余計につらくなります。

大事に労わってあげてください。

ここまで読んでくださってありがとうございました。

 

スポンサーリンク