ゲーム

「進撃の巨人2攻略日記」第三話 少女が見た世界

皆さんこんばんは、蜜柑です。

進撃の巨人2攻略日記第三話、今回はトロスト区防衛線です。

前回

「進撃の巨人2攻略日記」第二話 初陣皆さんこんばんは、蜜柑です。 進撃の巨人2攻略日記第二話、訓練のころのお話です。 なお、プレイしてみて分かったのですが、ストーリーモ...

「進撃の巨人2攻略日記」第三話 少女が見た世界

スポンサーリンク

この世界は地獄だった

超大型巨人が再び現れ、壁を破壊したためにトロスト区に巨人たちがなだれ込んできました。

エレン達訓練兵も巨人の進行を防ぐために駆り出されます。

実力のあるミカサはエレン達とは違う場所を担当することに。

しかし、ミカサは納得がいきません。

覚悟と決意を新たに、エレン達は地獄へ向かいます。

もちろん、訓練兵である主人公も戦場へ。

コニー、ユミル、クリスタと一緒にパーティーを組むことになりましたが、

コニーとユミルが口喧嘩。

こんな状況でケンカすんなもう・・・。

 

フィールド上のキャラクターを仲間にしよう

戦闘パートのフィールドでは、キャラクターをパーティーに組むことが出来ます。

パーティーに入れて指示を出せば、ロックオンした巨人の部位に攻撃したり、回復してくれたり、閃光弾を投げてくれるので、出来る限り仲間を増やしましょう。(最大4人)

フィールド上では、煙弾がともされることがあります。

あそこにいるキャラクターを助けると、仲間になってくれたり、補給拠点を作ってくれるので積極的に助けにいきましょう。

奇襲攻撃

R2ボタンで単眼鏡を出して巨人をのぞくと奇襲攻撃を行うことが出来ます。

巨人の元まで一気に飛んで行って、タイミングよく△ボタンを押せば一撃で倒すことが出来ます。

ガスやブレードの節約につながるので積極的に使って行きましょう。

驚異の巨人たち

巨人の視界に入っていたり、奇襲攻撃の単眼鏡でのぞいているところを見つかると巨人がデンジャーゾーンに入ります。

デンジャーゾーンに入ると信じられない勢いで攻撃してくるので、逃げるか倒すか閃光弾でひるませましょう。

こんな感じで屋根の上までとんでもないポーズで飛んでくるので、注意が必要です。

大型の巨人

ゲームを進めているとこんな感じのボスが出てきます。

このボスは体力ゲージの下に緑色のゲージがついていて、緑色に光っている部位を攻撃すると動けなくなります。

・・・とゲーム中に説明されますが、あの緑色の光はバリアだと思ってください。

で、あのバリアを消さないと本体にダメージが与えられないということです。

(緑色のゲージがある状態だと、与えられるダメージが1/10ぐらいになる)

なので、大型の巨人と戦うときは、

①緑色の光の部位を攻撃する ②緑ゲージがなくなったら仲間を総動員してうなじを攻撃する ③緑色のゲージが復活したら①から繰り返し。

近くに、自動攻撃拠点を作っておくと非常に楽になるのでおススメです。

 

食われていく仲間たち

共に訓練を乗り越えていった仲間たちが次々と巨人に食われていきます。

どんなに訓練を積んでも、巨人の力には太刀打ちできません。

それは、誰もが同じ。

しかしアルミンには助けてくれる友達がいました。

その友達も、巨人に食べられてしまいました。

一緒に海を見るという約束を残して。

取り残されて

エレンを失い放心状態のアルミンの元に、仲間たちが集まってきました。

ベルトルトやライナーたちもエレン達を見かけていないそうです。

とにかく、ここにいるのは危険だということで、ライナーたちとともに移動することになりました。

ライナー「ここは任せたぞ」

・・・はぁ!?

こんなところに一人にしないでーーーー!!!

ああgのyがおjgまおrhがおgまgほあrんがln。

だっせい!こりゃーーーー!

決死の突撃

すでにガスも残りわずか、補給するには本部に行くしかないのですが、

すでに訓練兵しか残っておらず、みんな仲間の死を目撃してしまったため、士気が上がりません。

そこへ、ミカサがやってきました。

アルミンが泣きながら言いました。

「エレンは食われた」「みんな壮絶な戦死を遂げた」「エレンはぼくの身代わりになった」

絞り出すように、喘ぐように。

当然、みんなミカサはショックを受けると思っていました。しかし、

幼馴染のアルミンが驚くほど、ミカサは冷静でした。

そして、残ったみんなを下手くそな言葉で発破をかけ、巨人の群れに飛び込んでいきました。

ミカサの言葉に感化され、ジャンが先陣を切ります。

主人公もアルミンとともに、生きるための戦いに向かいました。

咆哮

ミカサにとってエレンはすべてでした。

がむしゃらにガスを使い、ついに使い果たしてしまいます。

巨人が近づくなか、ミカサは覚悟を決めました。

「いい人生だった」と・・・。

 

 

「戦え」

 

「さぁ、帰ろうぜ。俺たちの家に」

 

 

「ごめんなさい、エレン」

「死んでしまったら、もう」

 

 

「巨人が・・・巨人を殺した・・・?」

「すこし高揚した」

「その光景は、人類の怒りが体現されたように見えたからだ」

ァアアアアアアアアアア!!!!!!

次回 まとめ

「進撃の巨人2攻略日記」第四話 心臓の鼓動が聞こえる進撃の巨人2攻略日記です。 今回は、トロスト区防衛線から謎の巨人の正体までです。...
進撃の巨人2
「進撃の巨人2攻略日記」まとめ 名もなき104期調査兵の記録皆さんこんばんは、蜜柑です。 進撃の巨人2攻略日記がひと段落しましたので、まとめておきたいと思います。 良かったら読んでくださいね。...

スポンサーリンク