将来のハゲ予防、対策

髪を染めるとハゲるって本当?それでも髪を染めたい人へ 髪を染めても禿げる可能性を出来るだけ下げる方法

髪の毛を染めたいんだけど、染めると禿げるって聞いたけど本当?

 

金髪や茶髪・・・一度は髪を黒以外に染てみたいですよね。

茶髪や金髪にしてみたいですし、出来れば銀髪とか・・・。

すいません。似合いませんねハイ。

 

しかし、こんなうわさを聞きました。

髪を染めたらハゲる・・・と。

 

一時の気の迷いで将来の頭を焼け野原にしたくなかったので、「髪の毛を染めるとハゲるのか?」について調べてみました。

その結果分かったことは、

髪を染めただけでは、禿げる可能性が増えたりしない。

ということ。

 

しかし、髪染めの使い方を間違えてしまうと、禿げる原因になってしまいます。

本記事では、

・髪染めと禿げの関係性

・髪染めを使うときに気を付けること

・髪の毛に出来るだけダメージを与えない髪染めの方法

を書いていきます。

髪染めを使えば、髪の毛へのダメージは避けられませんが、

少しでもハゲる可能性を回避するためにも、この記事を読んでみてください。

髪を染めるとハゲるって本当?それでも髪を染めたい人へ 髪を染めても禿げる可能性を出来るだけ下げる方法

スポンサーリンク

ハゲの原因はズバリ 毛根が死ぬこと

ハゲつまり頭皮から毛が生えてこなくなる原因は、髪の毛の毛根が死んでしまい機能しなくなるためにハゲます。

なので、髪の毛を染めても毛根を守りきればハゲる可能性は低くなります。

 

ただし、髪の毛を染めると髪の毛自体が細くなりもともと髪の毛の本数が少ない人は、頭が薄くなったように見えることがあります。

髪染めがハゲの直接の原因にはならないが、薄くなったように見える

髪の毛を染める方法としては

・美容院で染めてもらう

・市販の髪染め商品を使って自分で染める

のどちらかになると思います。

美容院で染めてもらうにしろ、市販の髪染めを使うにしろ、どちらを利用してもツルッツルの禿げの原因になる毛根にはダメージを与えません。

 

しかし、髪染めをすると髪の毛一本一本にダメージが入ってしまいます。

主に美容院で行われる髪染めとは、髪の毛のキューティクルを剥がし、ヘアカラーを内部に浸透させる方法のことを言います。

そのため、髪染めをすると

・一本一本が弱くなる

・乾燥に弱くなる

・枝毛・切れ毛が増える

といった状態になります。

髪の毛が細くなってしまうと、隙間が増えボリュームが減ったように見えてしまい、髪を染めると禿げるといったイメージにつながってしまいます。

本当に気を付けるべきは、染料が頭皮につくこと

染髪剤を使うときに一番気を付けて欲しいこと、それは染料が頭皮についてしまうことです。

髪の毛を染めるときに、染料が頭皮についてしまうと炎症の原因になったり、毛穴に詰まってしまうこともあります。

これが、髪を染めると禿げる本当の原因。

髪を染めると確かに、髪の毛一本一本は細くなりますが、禿げることはありません。

しかし、染料が頭皮についてしまうと頭皮がダメージを受け禿げる原因になってしまいます。

染料を使うときは、頭皮につかないよう注意して使ってください。

シャンプーでよく洗い流そう

市販の髪染めを使う時は、頭皮に付けないよう注意し、シャンプーするときによく洗い流してください。

シャンプーは市販されている普通のシャンプーで大丈夫です。頭皮を傷つけないようマッサージするようなイメージですすいでください。

染料は頭皮に傷や出来物がある場合は、使わないでください。傷や出来物を悪化させてしまう可能性があります。

 

美容院でやってもらうのが一番

不安なときはプロに任せるのが一番です。

美容院なら、髪染めから頭皮の洗浄まできっちりやってくれます。

 

それでも自分でやりたいときはダメージの少ない染料を選ぼう

それでも自分で染めたい。好きなように染めたいって人はせめてダメージの少ない染料を選んでください。

髪染めにはいくつか種類があります。

・ヘアカラー

・ヘアマニキュア

・ヘアブリーチ

です。

 

ヘアカラー

美容院でやってもらうタイプ。

髪の毛の表面にヘアカラー液をつけて、カラー液がキューティクルの内部に浸透させる方法です。

髪の毛へのダメージが大きく、頭皮へのダメージも大きくなります。

 

ヘアマニキュア

カラー液を浸透させず、表面に定着させる方法です。

髪の毛や頭皮へのダメージは少なくて済みます。

 

ヘアブリーチ

元々ある髪の毛の成分を分解して色を薄くする方法です。

髪の毛へのダメージが大きく、頭皮へのダメージも大きくなります。

 

この中でも、ヘアマニキュアは効果は短いですが、髪の毛や頭皮に与えるダメージは一番少なくて済みます。

一時のイベントなどに利用するときには、ダメージのすくないヘアマニキュアを利用しましょう。

 

それでも髪を染めたい人へ

髪の毛を守るために

ヘアブリーチやヘアカラーをやりたい場合は、美容院でプロに任せよう。

自分でやりたい場合は、ヘアマニキュアを使おう。

毛染め後はシャンプーでよく洗おう。

髪の毛を染めることは、髪の毛や頭皮にダメージを与えてしまいます。

しかし、一度は髪の毛を染めてみたい。

似合う、似合わないは別にしてもおしゃれする権利は誰にでもあります。

 

きちんとシャンプーすれば、禿げる可能性を下げることだって出来ます。

僕のおすすめ対策シャンプーはスカルプdネクストです。

スカルプdネクストには「プロテイン」と「オーガニック」の2種類があり

プロテインは内的要因が主だと思われるとき

例えば、ストレス、喫煙などです。

オーガニックは外的要因が主だと思われるとき

例えば、紫外線、帽子などの蒸れ、ヘアカラーなどです。

スカルプD ネクスト
スカルプDネクストの「プロテイン5」と「オーガニック5」の違いを解説しますスカルプdネクストのプロテイン、オーガニックの違い プロテイン5は外的要因、オーガニック5は内的要因などの解説をしています。 あなたにあったスカルプdを選んでください...

ヘアカラーで、頭皮にダメージを与えてしまっていることが心配な方は

スカルプdネクスト オーガニックをおススメします。

あなたも、髪の毛染めて存分にオシャレを楽しんでください。

ここまで読んでくださってありがとうございました。

スポンサーリンク