化粧品 スキンケア

男性でも使えるおススメ日焼け対策グッズ 知っておきたい日焼け対策グッズの選び方

 

皆さんこんばんは、蜜柑です。

暑い・・・

日焼けする・・・

僕は、日焼けすると真っ赤になります。

ヒリヒリして痛いんです。

そこで今回は、男性でも使える日焼け対策グッズを紹介します。

日焼け対策グッズの選び方の基本も書いておきます。

男性でも使えるおススメ日焼け対策グッズ

スポンサーリンク

 

 

赤くなる人は紫外線に弱い?

人間の肌は紫外線を受けると「メラニン」という物質を生成して肌を守ろうとします。

この「メラニン」の生成スピードには個人差があり、生成スピードが速い人は「メラニン」が肌を守ろうとして肌が黒く焼け

遅い人は、紫外線のダメージを受けやすく、肌の補修能力も低いため炎症を起こして真っ赤になります。

日焼けは「シミ」や「そばかす」の原因になるので、しっかり対策しましょう。

ちなみに、肌が黒く焼ける人もダメージはしっかり受けているので、しっかり対策しましょう。

日焼けをしてしまったら

とにかく冷やすことです。

冷たい濡れタオルやシャワーで体を冷やし

化粧水と乳液などで保湿してください。

 

一番は焼ける前に予防すること

日焼けを防止するには、帽子をかぶる・日傘をさす・日焼け止めクリームを塗るなどがあります。

日焼け止めクリームの選び方を紹介しましょう。

日焼け対策グッズの選び方の基本はSPFとPA

日焼け止めクリームの選び方ですが、まずは商品に記載されている

「SPF」と「PA」という表記に注目してください。

これは僕が使っている日焼け止めクリームです。

この商品のこの部分「SPF25」と「PA++」と表記されています。

 

「SPF」とは、「日焼けが始まる時間を遅らせることのできる数字」

個人差がありますが、だいたい日焼けが始まるのが15分から20分と言われています。

「SPF25」なら「日焼けが始まる時間を25倍に遅らせることができる」という意味です。

 

「PA」とは「紫外線防止効果の高さ」を示します。

「PA」には4段階あり、PA+・PA++・PA+++・PA++++とあり

+が多いほど強くなります。

僕は今回、庭で家庭菜園の作業と草刈をするために買ったので、まあ大体1時間ぐらい防げればいいと思い。アレルギーもあって肌が弱いのでPA++にしました。

 

時間と目的に合わせて選びましょう

どこで、どのくらいの時間日光を浴びているのか?で商品を選びましょう。

例えば海で遊ぶとなったら、体に使うために内容量の多い商品でスプレータイプの方が良いでしょう。

日焼け後のことを気にするのであれば、美容成分の入った「スキンケアUV」を選んでください。

 

売れ筋商品紹介!

ビベッケ 全身サラサラスプレー

 

360gの大容量タイプ!

顔・からだ・髪など全身に使えて白くならないタイプ。

若い男の子が買っていくことが多い商品。

いちいち塗るのがめんどくさい!とかとにかく沢山ほしいといった方におススメ!

UVウォータリージェル

きしみやかさつきの少ないみずみずしいUVジェルです。

お子様と一緒に使えます(4歳以上推奨)

主婦の方に人気のUVジェル。

保湿効果があるので、日焼け後のケアに最適です。

ウォーターマジックUV

 

スプレータイプのUVカット。

水・汗をはじき直接肌に密着するため、タオルなどで拭く必要がありません。

若い人に人気の商品、意外に男性も買っていきます。

スポーツをするときなどに便利です。

男性用日焼け対策グッズ 日傘

最近では、男性でも日焼け対策グッズを使うようになってきました。

店頭でも、60代ぐらいの男性が日傘を買っていくことがありました。

男性用の日傘は基本的には晴雨兼用(雨の日でも使える)ものが多いです。

Air-light umbrella

 

90gの折り畳み傘。

スマホより軽いのでカバンに入れての持ち運びにも便利です。

カーボン素材を使っているので、90gながら安心の強度を誇ります。

晴雨兼用です。

日焼け止めクリームだけでは・・・

日焼け止め商品を買う時にはぜひ参考にしてくださいね。

しかし、日焼け対策に日焼け止めクリームだけでは万全とは言えません。

UVカット帽子や日傘などを組み合わせて、ほぼカットできるといえるでしょう。

どんなに対策をとっても、100%紫外線をカットすることは不可能ですから

色々な商品を組み合わせて、夏のアウトドアを楽しんでくださいね。

 

ここまで読んでくださってありがとうございました。

スポンサーリンク