楽天モバイル(格安SIM)

格安SIMが選べない・・・種類やプランが沢山ありすぎて分からないので、一番簡単なプランをまとめてみた

こんばんは、蜜柑です。

スマホの基本料金が安くなる「格安SIM」

いざ、格安SIMに変更しようと思っても、あまりに数や種類が多くて困っていませんか?

今現在(2020年)で格安SIMの会社は約25社!プランは数百種類にもなり、どれがどれだか分からなくなりますよね。

そこで、本記事では

それなりにネットを使う人にピッタリの格安SIMプランはどれなのか?

有名企業のプランを比較してみました。

具体的には

・家の外では、動画は観ない(あらかじめダウンロードしておく)

・通話はLINE通話で十分(普通の通話はお店を予約するときぐらい)

・ネットの通信速度はそれなりに欲しい(ネットがストレスなく見れる)(オンラインでゲームはしない)

・家族割りなどの割引サービスは利用しない(家族を説得するのがめんどくさい)

といった方におススメのプランを各企業からピックアップしました。

格安SIMが選べない・・・種類やプランが沢山ありすぎて分からないので、一番簡単なプランをまとめてみた

スポンサーリンク

格安SIM比較

  プラン名 データ容量 月額料金 通信速度 通信制限後の通信速度 その他サービスなど 公式サイト
イオンモバイル データSIMプラン 6G 1480円

下り 375Mbps

下り

50Mbps

200kbps

au回線かdocomo回線かで対応機種が違う

全国のイオンでサポートを受けられる

https://aeonmobile.jp/plan/
ビックローブ データ通信+エンタメフリーオプション 6G 2430円

下り1288Mbps

上り

131.3Mbps

200kbps

エンタメフリーオプションとは

YouTubeなどのサービスでデータ通信量を消費しないオプション

https://join.biglobe.ne.jp/mobile/?cl=head_mobile&_ga=2.35370785.129508427.1597417579-865429408.1586875321
マイネオ シングルタイプ 6G 1580円

プランによって変わる

au4GLTEだと

下り

100Mbps

上り

25Mbps

200kbps

エココース

混雑する時間帯に通信速度が制限される代わりに月額料金が50~450円引きになる

https://mineo.jp/?cid=sea_gkt_XXXbr_PC_A01_00000&gclid=Cj0KCQjw7Nj5BRCZARIsABwxDKK44cbRMMQnDZwsHGvDOfz2HXa4QoiBiwCvJX6yXdo3-tGWS3KJ8JMaAsiiEALw_wcB
UQモバイル スマホプランR 10G 2980円

高速通信(ターボON)

下り

225Mbps

低速通信

(ターボOFF)

下り

300kbps

1Mbps スマホプランRならデータを使いきっても最大受信1Mbps https://www.uqwimax.jp/mobile/newplan/
LINEモバイル データSIM+データフリーオプション 6G 1.700円 不明 200kbps

ラインデータフリー+0円

SNSデータフリー+280円

LINE、Twitter、Facebook

SNS音楽データフリー+480円

LINE、Twitter、Facebook、インスタグラム、音楽サービスなど

https://mobile.line.me/
楽天モバイル アンリミテッド

楽天エリア内では無制限

パートナーエリアでは5G

2980円 不明 1Mbps 楽天ポイントの倍率が上がる https://network.mobile.rakuten.co.jp/
リブモ データSIM 6G 1480円 不明 128kbps 30Gの大容量パックがある https://www.libmo.jp/
Yモバイル スマホベーシックプランM 10G 3680円

下り75Mbps

上り

25Mbps

1Mbps LTE対応エリア外では下り21Mbps 上り5.8Mbps https://www.ymobile.jp/

※bpsとは通信速度の数値、数値が大きいほど速度が速くなる。

※kbpsよりMbpsのほうが数値が高い 

※通信速度はあくまで最大通信速度であり、利用状態や電波の状態、回線の混雑状況により通信速度が低下します。

要するに数字通りの速度は出ないということです。

bpsの目安

「Mbps」とは、ネットの回線の速さのこと、スマホでオンラインゲームをやるにはどのくらいの速さが必要?スマホのオンラインゲームをクリア、もしくは対戦で勝利するためには、ある程度の安定した速度のでるプランを選ぶ必要があります。 本記事では、Mbpsとは何か?スマホでオンラインゲームをプレイするにはどのくらいの数値が必要なのかしらべました。...

・HPやサイト、ブログを観るには

200Kbps~2Mbps

・YouTubeなどの動画を観るには

5Mbps~25Mbps

参考 YouTubeのインターネット速度の目安

https://support.google.com/youtube/answer/3037019?co=GENIE.Platform%3DDesktop&hl=ja

・オンラインゲームをするには

10Mbps~20Mbps

このぐらいの数値は必要です。

もちろん

機種、環境、場所、時間、プレイするゲームによって数値は変わってきますので目安程度に考えてください。

 

bpsを比べても参考にならない

通信速度はとても重要な要素ですが、bpsの数値は

・格安SIMの企業が公表しているのはあくまで最大値なので、実際に使ってみないとどのくらいの数値が出るのか分からない。

・個人のスマホの状態、通信状況、回線の混雑度によって通信速度は下がってしまう。

・格安SIMは大手三社キャリアの回線を間借りしているので、通信速度は大手三社キャリアと変わらない。ただし渋滞しやすく遅くなりやすい。

ので、参考になりません。

となると、格安SIMを選ぶ基準としては

・ひと月に使える容量

・通信制限がかかってしまった後、どうなるのか?

・その他のサービスはなにかあるのか?

ということが格安SIMを選ぶカギになってきます。

 

データ容量と料金のバランスがいいのはUQモバイル

UQモバイルはデータ容量が10Gで月額約3000円です。

通勤時や外出中に動画やオンラインゲームを使わない人なら、月10Gで十分ですし、

もし使いきってしまっても1Mbpsの通信速度があれば普通にネットを使うことも出来ます。

 

僕のおすすめは楽天モバイル

ですが、僕のおすすめは楽天モバイルです。

楽天モバイルは

・楽天エリア内はデータ容量無制限。

・楽天エリアは今後拡大予定。

・楽天ポイントの倍率が上がる。

・プランが一つで分かりやすい。

といったメリットがあります。

最近、本格始動したらしく、楽天では基地局の増設を前倒しするというニュースが報道されていました。

まだ、iPhoneに対応してないなどサービスとして不十分なこともありますが、今後に期待する価値は十分にあると思います。

避けて通れない格安SIMに変更するときのめんどくさい手続き

と、ここまで出来る限りめんどくさくないように、格安SIMのプランを調べてきたのですが、どうしてもやらないといけないめんどくさい手続きというのがあります。

・電話番号を引き引き継ぐ

・キャリアのメールアドレスが使えなくなるので、フリーメールアドレスを作って必要なサービスに登録してあるメールアドレスを変更する

・対応機種の確認。(シムフリースマホはSIMロックを解除したスマホとは違うものです)

・LINEなどの設定の引継ぎ

などこれらの作業は、格安SIMmに変更するときに避けて通れない作業です。

僕も、楽天モバイルに変更したときに一通りやりましたが、特に対応機種の確認で大きなミスを犯しました。

「SIMフリースマホ」と「SIMロック解除済みのスマホ」は別物!僕が5万円無駄にした話 格安スマホ端末を確認するときに注意するべきこと!3大キャリアで購入し、SIMロックを解除した「SIMロック解除済みスマホ」と最初からシムフリーとして発売されている「SIMフリースマホ」は全くの別物でした。 格安SIMに替えるときに、確認不足でおかねを無駄にしないための記事です。...

格安SIMに変更するときは、とくに対応機種については注意してください。

 

めんどくさいけど、メリットは計り知れない

格安SIMに変更することは確かにめんどくさい作業かもしれません。

しかし、一度変更してしまえば大手三社キャリアに比べて月額5000円以上も節約できる場合があり、年間では6万円以上もお得になります。

(たとえ、違約金を払ってもすぐに元がとれます)

実際に使ってみても、大手三社キャリアを使っていたころと変わらない使い心地ですので、ぜひ、格安SIMに変えて節約したお金を趣味や勉強に使ってみてください。

ここまで読んでくださってありがとうございました。

スポンサーリンク