インテリア

ペットボトルでイチゴを育てる栽培キット「green pet ワイルドストロベリー」レビュー

皆さんこんばんは、蜜柑です。

今回は、ペットボトルでハーブや野菜を育てる栽培キット「green pet ワイルドストロベリー」をレビューします。

イチゴはなかなか栽培が難しいイメージがあるのですが、これは簡単に発芽し順調に成長しております。なにが違うんだろうね?

水耕栽培キットなので土に触りたくない!ってひとにもおススメな栽培キットになっています。

ペットボトルでイチゴを育てる栽培キット「green pet ワイルドストロベリー」レビュー

スポンサーリンク

グリーンペットの内容

ワイルドストロベリー

こちらがワイルドストロベリーの栽培キットです。

あらかじめペットボトルの容器に入っているので、別に用意する必要はありません。

内容はこんな感じ。

ペットボトルの容器、セラミックボール、種、肥料、培地フィルター、計量スプーン、説明書です。

種まきの準備

ワイルドストロベリーの発芽適温は20℃前後、栽培適温は15~20℃なので種まきするタイミングとしては、春先から梅雨までといったところでしょうか(地域による)

まずは、ペットボトルの容器の上部分をとって水を入れます。

水を200ccの目盛りまで入れ上部分をセットし、フィルターを入れます。

水は水道水を使ってください。ラベルは藻の発生を防いでくれるので剥がさないようにしてください。

フィルターが見えるようにします。種まきの後にかぶせるので少し残しておきます。

フィルターが水を吸って湿ったらフィルターの表面をつまようじなどで軽くほぐします。

ぷすぷす。

種をまきました。

重ならないように注意して、つまようじなどでフィルターの隙間に埋めるように密着させてください。

ただ、種がつまようじにくっついて結構大変だったので、2本用意して両手で作業した方が良いです。

最後に残しておいたセラミックボールをかけて、軽くラップをしたら終わりです。

 

発芽するでしょうか?

初めて買った水耕栽培キットでした。

セラミックボールという土の代わりは初めてみました。ちゃんと芽が出るのでしょうか?

ちょっと固い土の塊みたいな感触で、触っても手が汚れないのがいいですね。

また更新します。

スポンサーリンク

1週間後 発芽しました

順調に発芽したなぁよかった。

3週間後 肥料と間引きしました

成長してきたので肥料と間引きをしようと思います。

肥料について

芽が双葉になったら週に一回、水を換え肥料を与えます。

古い水を捨て、200ccの目盛りまで水を入れてください。

肥料は、付属の肥料をスプーンですりきり3杯入れ、濃度が均一になるように混ぜます。

間引きについて

本葉が出始めてから草丈が5㎝ぐらいまでの時期に、苗同士の隙間が空くように数回に分けて間引きします。

最終的には2~3本になるよう少しづつ間引きしていきます。

(一度に間引くんじゃなくて数回に分けるように)

ピンセットで残す苗を傷めないよう慎重に引き抜いてください。

これにて間引きと肥料は終了っと。

とりあえず今のところは順調に成長しているようで安心しました。

また更新します。

冬を越せなかった・・・

めっちゃピントが合っていませんが、最終的にここまで育ちました。

ただ、この後少しずつ葉っぱが枯れていき最後にはすべて枯れてしまいました。

やっぱり水で育てるのは無理があったのか・・・?

もしくは、ペットボトルのタンクの中に苔が繁殖しすぎて栄養をとってしまったのか?

まぁ、またどこかで売っていれば買ってみようかと思います。

ここまで読んでくださってありがとうございました。

スポンサーリンク