仕事

仕事に対する「やるき」がずっと出ない? それって普通のことです。やる気の出る仕事なんて探しちゃダメ

こんばんは、蜜柑です。

毎日毎日仕事お疲れ様です。

僕も毎日、雑貨店で働いています。

正直、つまらん。

仕事は楽になんないし、給料も上がらないし「やるき」なんて全く出ません。

それって普通のことだと思うんですよね。

やる気満々の人と比べて

「自分はやる気出ないなぁ・・・ダメだなぁ」とか

「何とかやる気を出さないといけない!!」とか

考える必要ないです。

仕事なんてやる気が出ないのが普通ですし、やる気のない人間の方が仕事が出来たりします。

仕事に対する「やるき」がずっと出ない? それって普通のことです。やる気の出る仕事なんて探しちゃダメ

スポンサーリンク

やる気が出ない日だってある。人間の気分や体調は毎日同じじゃない

女性と違って男性には毎月起こる体の異変なんてものはありませんが、

日によって気分の上がり下がりはあります。

今日はなんだか体調が悪いなぁとか、体がうまく動かないなぁとか

僕は、気圧の関係なのか天気が変わると頭痛がします。

こんな感じで、人間の気分や体調はその日の環境などの

「本人にはどうしようもない問題」で悪くなったり逆に良くなったりします。

なので、やる気の出ない日は「そんな日もあるか」と思っておくと楽になりますよ。

とりあえず1分だけ初めてみる

やる気が無くても終わらせないといけないものもあります。

社会人なら仕事の納期とか、学生ならレポートの期限とか。

人間には、同じことを続けようとする習性があるので

とりあえず1分だけ初めてみると、1分たった後でも

「もうちょっとやろうかな」「切りが悪いな」と感じるので自然と続けられます。

人間の集中力は15分ぐらいが限界なので、集中力が切れるまで続けてみてはいかがでしょうか。

やる気がない→やりたくないということを理解してコントロールする

やる気が出ない ということは やりたくないことだということです。

大半の人は仕事をやりたくないと思っています。

じゃぁなんでやりたくもない仕事をしているのかというと生活のためつまりお金のためです。

多少のサービス残業なら許せるという人はいるかもしれませんが、全く給料出さないけど仕事してねって言われて仕事をする人はいないでしょう。

「この仕事はやりたくないことだ。でもお金のために仕方なくやっている」

と割り切ってしまった方がやる気が出ない自分を責めることもなくなります。

やる気がない人の方が仕事が出来る理由 効率化を求めるから

仕事にやる気満々な人は、仕事に関することなら細かいとこまでやります。

正直、無駄だなって思うことありますよね。

「その作業、やる必要ある?」「そんな細かいところまで気にするの?」

で結果。時間がかかりすぎたり、スケジュールが押して最後の方のクオリティが下がったりします。

反面、やる気のない人はどんどん無駄な作業を効率化しようとします。

だってやる気ないんだもの。

仕事をできるだけ楽に、簡単に、効率よく仕事を進めるように工夫をこらしていきます。

それが結果的に評価につながったりするんですよね。

無理にやる気を出す必要なんてない 

無理にやる気を出そうとしても、結局は自分の心をすり減らすだけです。

それよりも、より効率よく仕事を進める方法を考えたり、次はもっと楽ができるように工夫するなどした方が結果を出すことが出来ます。

難しいのは周りの人に「サボってる」と思わせないことです。

まぁ、ちゃんと仕事やレポートを終わらせていたら文句も言われないでしょうけど。

あなたも無理にやる気を出す必要なんてありません。

それよりも、

どれだけの無駄な手間を省けるか

どれだけ楽に楽しく出来るか

を考えた方があなたの人生楽になりますし、楽しくなると思います。

ここまで読んでくださってありがとうございました。

スポンサーリンク