蜜柑のライフハック術

ゲームをダラダラやってしまう なんとか時間を区切りたい

皆さんこんばんは、蜜柑です

ゲームってついダラダラと長時間やっちゃいますよね。

僕も気が付くと4時間以上やっているときがあります。

しかし、人間ゲームばっかりやっているわにも行きません。仕事をしたり勉強をしたりやることやりたいことはいっぱいあります。

僕もゲームの攻略日記や他のブログ記事も書きたいのでダラダラゲームしている暇はありません。

で、どうすればダラダラゲームし続けることを辞められるかと考えたところ。

 

ゲームを本気でプレイすればいいんだ!

 

という結論に達しました。

そこで今回はゲームを1時間でスパッと中断する方法本気でプレイすることを書こうかなと思います。

参考にしてみてください。

ゲームをダラダラやってしまう なんとか時間を区切りたい

スポンサーリンク

ゲームを区切るには全力でゲームすべし

なんでゲームするの?本末転倒じゃんと思うでしょうが、

本気でプレイするということが重要です。

ゲームにのめりこみ、キャラクターのセリフを一言も余すことなく聞いて、フィールドの木々のささやきさえも聞きのがさないようにひたすらゲームに没頭する。
そうすると

 

 

 

疲れる

めっちゃ疲れる。特に最近のゲームはクオリティが高いので1時間でだるくなる。

疲れを感じたら素直にゲームを中断する。

これで1時間でゲームを終了できます。これでOK!

 

歳のせいかな

昔はね、何時間ゲームしても疲れなかったよね。

もちろん、ゲーム自体のクオリティもすごく上がってて目や脳みそに与える負担もおおきくなっているんだろうけど。

まぁー最近、ゲームすると疲れてくるね。歳かな。

 

タイマーを付けるとなおよし

僕はプレイ日記を書くためにパソコンでプレイを録画しています。

そのときにプレイ時間がパソコンの画面に表示されるので、プレイ時間に対する意識を持つことが出来ました。

スマホのアラームなどをセットしておけば自然とプレイ時間への意識ができるはずです。

どうしてもダラダラプレイしてしまうなら

いっそゲームを箱にしまえ!

箱にしまってしまえば、プレイするために箱から出す必要があります。

ゲームをすることが非常にめんどくさく感じるようになれば、自然とゲームの時間も減っていきます。

本気でプレイしてもアラームをセットしても、プレイしてしまうようなら強硬手段に出ることも一つの手です。

 

ゲームより大切なものがあるなら

あなたがこの記事を読んでいるということは、何か大切なことをしなくちゃいけないのにゲームをついダラダラとやってしまっているのでしょう。

時間は決して戻りません。

あの時ああしてればよかった。こうしとけばよかった。と反省するのは大切ですが、いくら後悔しても時間は戻りません。

あなたが後悔しないように、あなた自身に鬼になって時間の使いかたを考えてください。

ここまで読んでくださってありがとうございました。

 

スポンサーリンク