インテリア

大根を育てる栽培キット「自分大根」レビュー 部屋で大根を育てる方法を解説

皆さんこんばんは、蜜柑です。

大根、好きですか?

僕は、おでんやブリ大根が好きです。

そのまま食べることはあんまりないですね。大根おろしぐらいかな。

本記事では、自室で大根が育てられる野菜栽培セット「自分大根」を買ってみたのでレビューします。

種から自分で育てて、最終的には収穫して食べてみたいと思っています。

大根を育てる栽培キット「自分大根」レビュー 部屋で大根を育てる方法を解説

 

スポンサーリンク

自分大根 栽培セットの内容

パッケージはこんな感じ、白菜といいなんとまぁ分かりやすい。

裏側はこんな感じ、写真のようにできると嬉しいですね。

では、早速開封!

セット内容は外袋、黒ポッド、培養土、鉢底シート、

種、説明書。

 

大根の種

大根の種ってこんな形なんですね!

多分、初めてみました。

意外と見たことない人も多いんじゃないかな?

では、説明書を読んで始めましょう。

 

種まきの準備

窓際などの室内で育てる場合は、必ず外袋に入れて栽培してください)

(黒ポットには水はけ用の穴があいており、外袋が水受けとなります)

(水を与えすぎると、外箱に水がたまり根腐れの原因となりますので、たまった水はこまめに捨ててください)

(ベランダやお庭など室内以外で育てる場合は、外袋の下にハサミ等で数か所穴をあけ、水はけをよくすることをお勧めします)

なるほど。

室内だけではなく外で育てても大丈夫ってことね。

室内で育てる場合は、土や水で汚れないように必ず外袋をつけなさいっと。

 

土の準備

(外袋を、黒ポットの高さに合わせてカットするか、折り曲げてください)

ふむ、今回はカットせずに折り曲げました。

(黒ポットの底に鉢底シートを敷き、シートがずれないように培養土をいれます)

外袋にいれます。

なんだか歪んでしまった・・・。

 

解説。

どうも説明書を見落としたらしく

本来は、鉢底シート→土→外袋の順番だったんだが

鉢底シート→外袋→土だと思い込んでました。

 

皆さんは説明書の通りにしてください。

(土全体に行渡るようにゆっくりと水を注ぎ、水をしみこませてください)

(勢いよく注ぐと土が浮いてしまうので注意してください)

入れました。

では、いよいよ種まきです。

 

種まき

(種と種の間隔をあけて、重ならないように4から5粒の種をまき

種が隠れる程度に周りの土を薄くかぶせます)

このとき割りばし等を使うと

手が汚れません。

(霧吹き等を使って優しくたっぷりと水やりをします)

おしゃれなスプレーだろぅ?

100均だ。

 

発芽までの管理

発芽するまでは、土の表面をかわかさないようにして直射日光を避け、栽培に適した明るい場所で管理してください)

(土の乾燥を防ぐために、ラップ等をかけておくとよく発芽します。発芽後はすぐにラップを外してください)

大根の育て方

野菜を栽培するときには、野菜がよく育つように「土づくり」をしておく必要があります。

しかし、付属の培養土があるので土づくりは必要ありません。

芽が出てきたら間引きをします。

 

間引きとは、成長のいい芽に栄養を集中させるため、野菜を大きくするために、1本残して他の芽を摘むことです。

最初の芽が完全に開いたころ3本残す

本葉2~3枚で2本残す

↓←追肥

本葉6~7本で1本残してください。

 

追肥は2回目と3回目の間引きの後約50gをバラマキます。

その後軽く土と混ぜながら土寄せします。

まとめ

これで種まきは終了!あとは芽が出るのを待つだけ。

種まきは、2月20日です。

ちゃんと出るかなぁ・・・?

また、変化があったら更新します。

最後まで読んでくださって、ありがとうございました。

スポンサーリンク

番外編

商品の底にはこんな言葉が・・・

100%です!!(2度目)

 

追記 2月24日 発芽

芽が出ました!!!

早い!!!!!!!!!!

次は間引き作業になります。

 

追記 3月17日 土寄せ

芽が伸びてきたんですが・・・

倒れてしまいました。

取説によると

(間引き後株が倒れないように土寄せをします)

とありました。

まだ本葉が出てませんが土寄せをします。

元気になるといいんだけど・・・

 

追記 3月21日 移植

何とか一番右は元気になりました。

なので、一番右を真ん中に移植します。

移植完了!

土がふわふわのサラサラなので、水をかけながら土寄せするといいです。

取説によると次が収穫になるんですが・・・

ちょっと様子を見ましょう。

また更新します。

 

追記 5月4日 どーん

さて、芽が出てから2か月ちょい。

大根がどうなったかと言うと・・・

どーん!!!!!

大きく育ちました。

一番大きい葉の長さは約20cm。

ちゃんと育つんですなぁ。

しかし、まだ根っこは大きくなっていないようです。

どんどん大きくしていきましょう。

また更新します。

 

6月12日 更新 害虫発生!

異常事態発生!

赤くて小さい虫がいっぱい発生!

調べてみたら「ハダニ」というダニだと思われます。

観葉植物などに発生するそうなので、発生してもおかしくない。

取り敢えず、直射日光に弱いそうなので、ベランダに出しておきます。

本当は室内で育てたかったんですが・・・仕方ない・・・

また更新します。

 

6月26日 更新 ハダニ対策

ハダニが直射日光に弱いという情報を得たので、数日外に置いておきました

が・・・

うまいこと葉っぱの裏に隠れるのか全然減らない・・・

・・・

まだ!次の手がある!

というわけで今度は、牛乳と水を一対一で混ぜたものを吹きかけると

牛乳が葉っぱの表面に膜を作ってダニを窒息させてくれるらしい。

こいつを吹きかけてみる。

こんな感じで白くなりました。

いやー牛乳くさい・・・

これでなんとかなりゃいいけど・・・

また更新します。

 

7月11日 結果 収穫?

ダメだったみたい・・・

ダニに食べられてしまったのか、病気になってしまったのか

これ以上は育ちそうもなかったのでこれで終わりにしました。

大根はダニの被害が一番少なそうだったのに・・・

 

一応収穫しました。

あーうん・・・

ちっちゃいなぁ・・・

 

まとめ

なかなか、大根が育たなかったなぁ。

本来ならもっと早い時期に根っこが育つはずなんだけど・・・。

虫がつくということは、恐らく大根がかなり弱っていたと思います。

虫に気を取られすぎて、大根に肥料をあげることを忘れていましたね。

室内で育てる場合でも、害虫対策は必要。

これをどうするかだな~。

あんまり農薬は使いたくないしな~。

 

またリベンジしたいと思います。

ここまで読んでくださってありがとうございました。

スポンサーリンク

 

 

もう一度チャレンジ

以前レビューした「自分大根」を再び買ってきたので育てたいと思います。

前回の反省を生かし今回は

・肥料

・防虫剤

を使いたいと思っています。

スポンサーリンク

 

もう一度大根を育てよう

自分大根

というわけで再びコイツとご対面~。

今度こそ美味しくいただいてやるぞ!!

前回は、外袋を内側におりこみましたが今回はハサミで切ってみます。

さらに、内側のポットが歪んでしまったので

先に内側のポットに土を入れて外袋にセットします。

あっ・・・・。

やっぱり先に内側のポットを外袋に入れましょう!

そうしましょう。

種まき終了!

さて、どうなるかな~?

また更新します。

スポンサーリンク

4月6日 更新 発芽

発芽!!!

4月3日に種まきをしたので約3日で芽が出ました。

また更新します。

 

4月7日 更新

ぐーん!!!

すげぇ・・・超伸びた。

上は前回のレビューの時の芽吹きの様子。

今回と同じく種まきから4日目の様子です。

なぜ、今回はグングン芽が伸びたのか?

考えてみると、去年は2月の終わりに種まきしていました。

つまり寒かった。

と思われます(はっきり覚えてないけど)

 

部屋の中で育てているとはいえ気温はとっても大事!

ということが分かります。

もし、栽培キットを育てる機会があったら

温かくなるまで待ってから、種まきしてみてください。

また更新します。

 

4月16日 更新 間引き

ぐんぐん伸びましたので、間引きをします。

はい、完了!

・・・なんだか丈が伸びすぎな気がするなぁ・・・。

間引きした芽を捨てるのはもったいないので、庭に植えておきました。

また更新します。

 

5月 25日 更新

大分育ってきたので、株を一株にして真ん中に植えなおしました。

 

6月22日 更新 枯れちゃいました

枯れちゃいました・・・。

植え替え後、うまく根付いてくれなかった模様。

肥料とかも使ってたんだけどなぁ・・・・。

ちなみに、庭に植えた方は

こんな立派になりました。

やっぱり根付くか根付かないかはかなり重要な要素っぽいなぁ。

ちょっと今回、心が折れてしまったのでしばらく大根はいいかな・・・。

また、気が向いたら育ててみます。

ここまで読んでくださってありがとうございました。

スポンサーリンク